『Slay the Spire』4人目のクラスはThe Watcher

36f45ef431e5fcd80e4e48b221bd9fb14b4e4095.jpg
引用元:Testing the Fourth Character

ごきげんよう。

『Slay the Spire』4人目のクラスは「The Watcher」

『Slay the Spire』4人目のクラスは「The Watcher」。スタンスを切り替えるテクニカルなキャラ、ベータ向けに配信開始
インディースタジオMega Crit Gamesは9月10日、『Slay the Spire』Steam版にて新クラスとなるThe Watcherをベータ向けに配信開始した。

正式版リリースから8か月以上経過しての新クラスとなるThe Watcherの発表。驚いた。嬉しい驚きだ。

アップデート内容

Testing the Fourth Character
テスト期間中に1つの新しいキャラクター、新しいレリック、新しいポーション、バランスの変更、およびその他の名前のないグッズが追加されます。

新クラスThe Watcher以外にも、レリック、ポーション、名前のないグッズ?が追加となるようだ。

The Watcher

The Watcherは、「スタンス」の切り替えを特色とするトリッキーなキャラクターだ。忍者のような外観をしており、盲目という設定。初期HPは65と低めで、初期アーティファクトは、「使用すればエナジーを1つ増やす」効果を持つ廃棄型の0コストカードMiracleを初期手札に加えるというもの。基本性能自体はシンプルだ。同キャラの最大の特徴であるスタンスにある。同キャラでは、任意のカードを使用することで、スタンスが変化する。

中々面白そうだ。状態(スタンス)によって攻撃力や防御力が変化するのは、モンスターの「怒り」と「脆弱化」を組み合わせたものに近い性能かもしれない。

ベータテスト

正直ベータテストでは、ちょっとばかりヤル気は起きない。理不尽や不便を楽しめないのは正常かもしれないが、つまらなくもある。正式版リリースを待ちたいと思う。

"『Slay the Spire』4人目のクラスはThe Watcher" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

人気ブログランキングへ