電子マネー、QRコード。今後の日本のキャッシュレス

gahag-0107974649-1.jpg
ごきげんよう。

カードを使った日本のキャッシュレス

日本のキャッシュレス化はカードによる電子マネーが主導しても良いのでは
日本でもQRコード決済利用には躊躇しても、カードを使った電子マネーは交通機関やコンビニ、スーパーなどでも頻繁に利用されている。問題は発行体がバラバラであり、香港のオクトパスカードのような単一化が進んでいない点である。このため財布やカード入れがパンパンになってしまっている人も多いのではなかろうか。

交通系の電子マネーとクレジット系の電子マネーで分かれている印象。また交通系の電子マネーでも複数の発行体があり、クレジット系の電子マネーも複数の発行体がある状態で、レジではどの電子マネーを使うか口頭で伝える必要がある。どの電子マネーに対応しているかも店舗によってまちまちであり、交通系の電子マネーのみの場合やクレジット系の電子マネーのみの場合もある。
SuicaやICOCAなどの交通系電子マネーと、楽天Edyなどへのチャージ・残高確認のサービスが開始された。チャージは1000円単位となり、交通系電子マネーでは最大2万円までチャージが可能となり、おつりが発生する金額指定のチャージもできるそうである

いちいちチャージするのは面倒で社会コストもかかるので、全てオートチャージに統一してほしいところだ。この辺りの認識は一番最初の電子マネーであるEdyや、最も普及している電子マネーSuicaがチャージ式であることによる不便さを受け継いでしまっている結果だと思う。

QRコードを使った日本のキャッシュレス

日本でQRコードを使ったスマホ決済を拡大させることは現状、なかなか難しい面がある。しかし、カードを使った電子マネーならば年配者を含めて利用経験者はかなり多いのでなかろうか。

これは単純にカードで完結する電子マネーとスマホで手続きを入力しないと決済できないQRコードの利便性の差でもあると思う。ウォークスルー決済ではQRコードを使用するようなので、利便性でカードを上回る仕組みがあればQRコードも普及するかもしれない。

今後の日本のキャッシュレス

2025年までにキャッシュレス決済比率を40%程度とし、将来的には世界最高水準の80%を目指すとしている。このためには、すでに使われているカード型の電子マネーを香港のように統一した上で、端末の普及を政府なりが支援するのが、意外に手っ取り早いかもしれない。

統合は進めた方が良いと思う。店舗側も顧客側も複数の発行体が林立しているのは好ましくない。だがキャッシュレス決済比率をあげる起爆剤はキャッシュバックや利便性の啓蒙にあると思う。現金よりもお得で便利であることを広く知らしめ、実際に体験させることが重要だろう。現金主義でキャッシュレス未体験者をどれだけ変えるかで決済比率は変わってくるだろう。

"電子マネー、QRコード。今後の日本のキャッシュレス" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

人気ブログランキングへ