「どんなときもWiFi」は何が問題だったのか?

ごきげんよう。 「どんなときもWiFi」は何が問題だったのか? サポートの側面から考える (1/2) 「どんなときもWiFi」は何が問題だったのか? サポートの側面から考える (1/2) グッド・ラックが、モバイルデータ通信サービス「どんなときもWiFi」の無制限プランを2020年10月31日に終了する。  どんなときもWiFiは、複数キャリアに接続できるクラウドSIMの仕組みを利用した通信サービス。データ通信が「無制限で使い放題」をうたっていたが、2020年2月以降に通信障害が発生し、4月には新規受付を停止した。6月19日には総務省がグッド・ラックに対して、電気通信事業法の順守を徹底することなどを求める行政指導を行った。 状況は異なるが、思い起こされるのは「UQ広告は「ギガ放題」なのに「速度制限」賠償確定」だ。グッド・ラックのどんなときもWiFiの無制限プランも「無制限で使い放題」をうたっていたが、通信障害が発生し、サポートにも問題があったようだ。 サポート Aさんは初期の解約料無償にも、25GB無償化にも該当せず、その根拠も不明瞭で問い合わせにも対応してもらえず、結果として“外れくじ”を引かされた形になった。 トラブルの際のサポートは対応してもらうのは難しいことは多い。Twitchで少年200万円超投げ銭の支払い請求でトラブルと案件があったが Twitchに問い合わせしても誰も応答してくれず、親会社であるAmazonも無視されている。提携先から連絡を取るという手法で…

続きを読む

中国税務ソフト、スパイウエア自動ダウンロード

ごきげんよう。 中国税務ソフト、スパイウエアが自動ダウンロードされる=独や米セキュリティが警告 中国税務ソフト、スパイウエアが自動ダウンロードされる=独や米セキュリティが警告 ドイツのセキュリティ部門は最近、「中国の商用スパイウエアである『ゴールデン・スパイ(Golden Spy)』が情報盗難している疑いがある」と在中国ドイツ企業に警告した。 以前に「中国の銀行がバックドアを作成するソフトのインストールを取引先に求めていた」ことを取り上げたが、ドイツのセキュリティ部門も警告するに至ったようだ。 ゴールデン・スパイ(Golden Spy) 北京当局が中国の外国企業に対して、本土税務当局へのデータ提供と送金手続きを名目に、Intelligence TaxまたはGolden Taxと呼ばれる税務ソフトウエアを必ずダウンロードするよう要求している。インストール完了後から2時間以内に、第三者に対して「管理者権限を含むすべての閲覧方法に完全なアクセス許可」を与える可能性のある「ゴールデン・スパイ」が自動的にダウンロードされるという。そして、ソフトをアンインストールしても、スパイウエアは消えないという。 中国の銀行がバックドアを作成するソフトのインストールを取引先に求めていた 中国の銀行がインストールを求めて仕込まれるのと同じスパイウエアであり、北京当局が意図的かつ大規模に行っていると考えるべきだ。北京当局が必ずダウンロードするよう要求している点から考えて、中国ではスパイウエアを仕込…

続きを読む

OK Google、エアコン27度にして

ごきげんよう。 「OK Google、エアコン27度にして」と話しかけたらGoogleくんがとんでもないことをしようとしてしまう「こいつ人類を嫌ってない?」 「OK Google、エアコン27度にして」と話しかけたらGoogleくんがとんでもないことをしようとしてしまう「こいつ人類を嫌ってない?」 ぼく「OK Google、エアコン27度にして」Googleくん「 pic.twitter.com/FmHHkw7HoE— owatax (@owatax00) August 15, 2020 この誤解で感じるデジャヴ。漫画「GS美神 極楽大作戦!!」でのエピソード。願いの魔人が意図的に願いを誤解して時間と労力を割かずに願いを終わらせるという話。とはいえ、願いの魔人も害意は持っていなかった。解放されるために一定数の願いをかなえる為の対応だった。誤解ということでデジャヴを憶えるがOK Googleには悪意を感じる。 音声認識の誤解 実際問題、音声認識の誤解は命にかかわる可能性があるので、笑って済ませることはできない。この問題が解決するには更なる技術の蓄積と研鑽が必要になりそうだ。

続きを読む

Twitter、待望の“クソリプ防止機能”をついに実装

ごきげんよう。 Twitter、待望の“クソリプ防止機能”をついに実装 一方で「デマや間違いを指摘できなくなる」と懸念も Twitter、待望の“クソリプ防止機能”をついに実装 一方で「デマや間違いを指摘できなくなる」と懸念も 「ツイートにリプライできる相手を制限できる機能」を正式に実装しました。対象は全ユーザーで、一部では「クソリプ防止機能」として実装が期待されていたもの。 遂にTwitterに実装されたクソリプ防止機能。クソリプを受けたことが無い身としてはそのありがたみを感じることは出来ないと思うが、クソリプを頻繁に受けるインフルエンサーなら活用できる機能だと思う。 デマや間違い、パクツイなどを指摘できなくなる 「デマや間違い、パクツイなどを指摘できなくなる」「クソリプがクソ引用に変わるだけでは」といった懸念の声もみられました。 この辺りはクソリプ防止機能の弊害だろう。とくにデマの指摘は有用なので何とかしてほしい所。 今まで通り クソリプ防止機能が付いたとはいえ、今の所は利用するつもりはない。クソリプ防止機能を使わざるを得ない位のフォロアーを得た時に考えよう。そんな時が来ると良いのだが。

続きを読む

Excelのせいで人間の遺伝子の名前が変更

ごきげんよう。 「Excelのおせっかい」のせいで人間の遺伝子の名前が変更を余儀なくされる 「Excelのおせっかい」のせいで人間の遺伝子の名前が変更を余儀なくされる Excelで「1-1」のように入力するだけで自動的に「1月1日」と変換してくれる機能は時には便利ですが、単純に「1-1」と入力したかった場合はおせっかいに感じることも。実際に、この機能による「人間の遺伝子の略称を勝手に日付に変換してしまう」という問題が遺伝子学者を悩ませており、ついに科学者側が根負けして遺伝子の名前が変更されることになったと報じられています。 Excelのおせっかい機能は誰が使うのかと疑問を感じるくらい邪魔だ。この機能によって作業効率がどれだけ落ちたかわからない。しかし作業効率ばかりか、改名の必要が発生する事態となってしまっているのは流石に呆れる。だがこの機能を利用しているユーザーがいる限り、このおせっかいはなくならないだろうことも理解できてしまうところがまた厄介だ。 論文3597件のうちExcelが原因とみられるミスが見つかった論文は704件ほぼ20% 2016年に発表された研究では、遺伝子を扱った論文3597件のうちExcelが原因とみられるミスが見つかった論文は704件と、ほぼ20%の論文にこうしたExcelの自動変換機能の影響が現れていることが分かっています。 ほぼ20%にExcelの自動変換機能の影響が現れているのは無視できない規模だ。利便性を高めるための機能が足を引っ張るのは…

続きを読む

MicrosoftのTikTok買収容認 破談なら禁止

ごきげんよう。 トランプ氏、MicrosoftのTikTok買収容認 破談なら禁止 トランプ氏、MicrosoftのTikTok買収容認 破談なら禁止 トランプ米大統領は3日、中国の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を巡り、マイクロソフトなど米企業による買収を条件付きで容認すると表明した。9月15日までに実現しなければ利用を禁じると警告し、米政府が利益を得られる形で早期の交渉決着を求めた。 買収か禁止の2択。TikTok(ティックトック)は危険だという認識を持っているが、買収された場合は危険な箇所の是正が必要となってくる。買収で信用のできる是正内容が公開された後であればTikTok(ティックトック)を使うのも良いかもしれない。 安全保障の理由から中国にコントロールさせることはできない トランプ氏は「安全保障の理由から中国にコントロールさせることはできない」と強調し、アプリを通じて個人情報が中国政府に流れることへの懸念を改めて表した。 昔は性能の低さを理由に中国製を避けていたが、今は安全保障を理由に避けなければならないのは厄介さが増した状況なのかもしれない。安物なら現品の喪失で済むが、個人情報の流出となるとどの程度の損害を受けるかわからない。中国製はハードでもソフトでも避けるべきと考えている。

続きを読む

写真の無断リツイートは著作者の権利侵害

ごきげんよう。 写真の無断リツイートは著作者の権利侵害 最高裁判決 写真の無断リツイートは著作者の権利侵害 最高裁判決 ツイッターに写真を無断でツイートされた北海道の写真家の男性が、そのリツイートも著作者の権利の侵害に当たるとして、リツイートしたユーザーを特定するため発信者情報を開示するよう求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(戸倉三郎裁判長)は21日、ツイッター社側の上告を棄却した。ユーザーのメールアドレスを開示するよう命じた2審・知財高裁判決(2018年4月)が確定した。 「無断でツイート」というパワーワードが飛び出しているが、なんと「無断でツイート」に対してユーザーを特定するため発信者情報を開示する訴訟で開示が最高裁判決で確定してしまった。これはTwitterの根本が揺るぐ可能性のある判決だ。 Twitterサービス利用規約 Twitterサービス利用規約 コンテンツを送信、投稿または表示することによって、当社が、既知のものか今後開発されるものかを問わず、あらゆる媒体または配信方法を使ってかかるコンテンツを使用、コピー、複製、処理、改変、修正、公表、送信、表示および配信するための、世界的かつ非独占的ライセンス(サブライセンスを許諾する権利と共に)を当社に対し無償で許諾することになります このTwitterサービス利用規約から考えるに、リツイートが著作者の権利の侵害に当たるとなると、責任はTwitter社に求められるような気がするが、記事ではそこには触れられて…

続きを読む

Linuxで「マスター/スレイブ」語句置き換えが決定

ごきげんよう。 Linuxで「マスター/スレイブ」「ブラックリスト/ホワイトリスト」の語句置き換えが決定 Linuxで「マスター/スレイブ」「ブラックリスト/ホワイトリスト」の語句置き換えが決定 Linuxの開発チームを率いるリーナス・トーバルズ氏が、Linuxのシンボル名およびドキュメントにおいて「マスター(master)/スレイブ(slave)」「ブラックリスト(blacklist)/ホワイトリスト(whitelist)」という語句の使用を避け、別の語句に置き換えることを推奨する方針を承認しました。 今後永遠といちゃもんを付けられ続けるよりは、別の語句に置き換える方が確かに楽で確実だろう。 「master/slave」の置き換え推奨候補 ・primary、main / secondary、replica、subordinate ・initiator、requester / target、responder ・controller、host / device,worker、proxy ・leader / follower ・director / performer リーダーとパフォーマーとかは直感的には思えない。とはいえどれが良いかと言われると、hostとproxyに至っては別の意味に誤解しそうなので即却下だろうし、シックリくるのがあまりない気もする。 「blacklist/whitelist」の置き換え推奨候補 ・denylist / allo…

続きを読む

アレクサで2才児が「はい!」と返事して契約成立

ごきげんよう。 アレクサが「Amazon music unlimited」の契約を進めてきた時に2才児の子供が「はい!」と返事して契約が成立した話 アレクサが「Amazon music unlimited」の契約を進めてきた時に2才児の子供が「はい!」と返事して契約が成立した話 パパ「Alexa、◯◯かけて!」Alexa「その楽曲はprime musicにはありません。Amazon music unlimitedを契約しますか?」チビ「はい!」ということで2歳児によって契約が成立しました。— P助 (@psukepp) July 2, 2020 Alexaで契約できてしまうことにまず驚いた。それが出来てしまうと2歳児による契約成立という事故も発生するのも当然だろう。 実際これは契約無効なのでは 契約は原則無効にできます ということで、さすがにこういったケースでは契約は無効にできるようだ。とはいえ、既に利用してしまっていると面倒な手順が必要そうだ。 調教でなんとかなるかも アレクサアプリで購入とか有料契約を 音声で出来なくする設定項目があったような… 設定で何とか出来るようだ。アレクサを最初に調教するというワードにはなかなか破壊力がある。 使用上の注意 結局のところ、アレクサの使用上の注意の徹底が必要と言う事になるだろう。その辺りがおざなりだと2歳児によって契約が成立してしまう。

続きを読む

NAVERまとめサービス終了のお知らせ

ごきげんよう。 NAVERまとめ サービス終了のお知らせ NAVERまとめ サービス終了のお知らせ 突然ではございますが、NAVERまとめは2020年9月30日をもちましてサービスを終了することとなりました。​​ NAVERまとめがサービス終了。これほどサービス終了が望まれたサイトは無かったかもしれない。 NAVERまとめ wikiの説明文 wikiの説明文からしてもなかなか飛ばしている。 NAVERまとめ(ネイバーまとめ)は、韓国のIT企業ネイバーの子会社、LINE株式会社が運営するCGM型Webキュレーションサービスである。様々な情報をユーザーが独自に収集して組み合わせ、ひとつのページにまとめてインターネット上に公開、アクセス数に応じてユーザーが広告収入を得られる独自のシステムを展開している。著作権法の引用の要件を満たさない違法な無断転載が問題になっている。 著作権法の引用の要件を満たさない違法な無断転載は度々問題になり、炎上案件は事欠かなかった。結局はLINEが著作権侵害の申告があった時点で「まとめ」を非表示化して、「まとめ」作成者が著作権を侵害していないと証明した場合のみ非表示化を解除するという対策を導入したが、それでもLINEの法的責任追及の余地が消えたわけではないと締めくくられている当たり、問題の根は絶たれていなかった。 NAVERまとめへの個人的対策の振り返り NAVERまとめは有害サイトと認識していたので、はちまバスターをクロームの拡張として導入…

続きを読む


人気ブログランキングへ