ブラック企業大賞、19年は9社がノミネート

ごきげんよう。 ブラック企業大賞、19年は9社がノミネート セブンや電通など「受賞歴ある企業多くて虚しい」 ブラック企業大賞 ブラック企業大賞、19年は9社がノミネート セブンや電通など「受賞歴ある企業多くて虚しい」 “今年1番のブラック企業”を決める「第8回ブラック企業大賞」の候補企業を発表した。ノミネートされたのは、残業代の未払い問題などで話題になったセブン-イレブン・ジャパン、多数の過労死被害者を出しておきながら再び労基署から是正申告を受けた電通など9社。「大賞」は12月23日に発表する。 多数の被害者を出しているブラック企業は許されてはならない。その意味でもブラック企業大賞は笑いごとでは全くない。不義と不名誉を突きつけるてやるべきだ。 過去にもノミネートされた複数の企業が、再び候補に挙がっている セブン-イレブン・ジャパンや電通、三菱電機など、過去にもノミネートされた複数の企業が、再び候補に挙がっている。企画委員会は「選定作業をする中で、かつて受賞した企業の名前が出てくると虚しいものを感じる」とコメントしている。 セブン-イレブン・ジャパン 電通 三菱電機 反省しないブラック企業だ。よく覚えておこう。 電通は個別記事がある。 「また違法残業」の電通 過労死のリアルを理解しないトップに問う“責任” (1/5) 「長時間労働は命を削る悪しき働き方」「休息をとったほうが効率が上がる」という常識 ブラック企業は非常識で常識が通じない。上の常識が変わり下まで…

続きを読む

東京五輪でやりがい搾取される無給ボランティア

ごきげんよう。 東京五輪で「時給1600円」派遣募集 ボランティアとどこが違う?組織委に聞くと... 東京五輪で「時給1600円」派遣募集 ボランティアとどこが違う?組織委に聞くと... 2020年東京五輪で時給1600円の派遣の仕事などが求人情報誌にあったことについて、大会ボランティアとどう違うのかと、ネット上で話題になっている。 本来、ボランティアは「自主的」という意味で無給という意味ではないのだが、日本では「やりがい搾取される無給労働力」扱いされてしまっているのが問題だと思う。 ボランティアとパソナの派遣スタッフ ボランティアは、大会期間中に業務のサポートを行い、日数や時間も本人の自由意思で決められると言う。これに対し、パソナの派遣スタッフは、所定の勤務条件で働く労務だとし、働く日数や時間も違うと説明した。 日数や時間も本人の自由意思で決められると無給になるなどという話はどこから出たのか。当然の話だが、ボランティアが無給の理由にはならない。 大会運営に関わる役割は一緒 「大会運営に関わる役割は一緒です」として、ボランティアと派遣スタッフの作業が重なっていることを認めた。派遣スタッフは、ボランティアの統括もしないという。不公平ではないのかとの指摘については、「ボランティアの方は、役割を自主的にやっておられますので、そうしたことはないですね。すごく意欲的に、一生に一度のことだとポジティブに研修に臨んでおられます」と否定した。 「自主的」と「無給」は別の問題。ボ…

続きを読む

電話は無くならないのか

ごきげんよう。 アセンション島から謎の不在着信、報告相次ぐ 折り返すと高額請求、その手口は? アセンション島から謎の不在着信、報告相次ぐ 折り返すと高額請求、その手口は?  「アセンション島から電話がかかってきた」「折り返したら、英語のメッセージが流れて切れた」折り返し電話をかけると高額な通話料が発生する可能性があるため注意が必要で、その正体は国際電話を使ったワン切り詐欺だ。 電話をかけるだけで詐欺に巻き込まれるというステップ数と一人当たりの被害額の少ない、広く薄い詐欺だ。気を付ける必要があるだろう。 不在着信への対応 登録されていない電話番号の場合は折り返しで不快な思いや詐欺にあわないために、日本、電話番号検索や、検索エンジンでのサーチなどを行ってみた方が良いだろう。実際、勧誘の電話などは検索後にブロックして対応している。 電話は無くならないのか 電話は無くならないのかと不思議に思うことがある。業務は文字通信のほうが便利で安価だが、電話対応は無くならない。企業での会議チャットやゲームのボイスチャットのような形で残り、スマホの機能として残るが使用頻度が下がっていき、いつの間にかおまけ機能という認識になるのではないだろうか。いや、一部では既におまけ機能扱いされているかもしれない。

続きを読む

令和の時代に達成されていないパソコン「1人1台」

ごきげんよう。 経済対策 パソコン「1人1台」に 経済対策 パソコン「1人1台」に 生徒1人がパソコン1台を使えるようにするための教育環境の整備が、近くとりまとめられる経済対策に盛り込まれる方向。 色々と思う所はあるけれども「生徒1人がパソコン1台を使えるようにする」という点は賛同する。 遅きに失した教育環境 正直な所、「生徒1人がパソコン1台を使えるようにする」ことに何十年遅れているのか定かではないが、20世紀中に達成してほしかったことだ。それが21世紀の令和の時代にまだ達成されていないことを顧みて欲しい。 2極化するパソコンの使い道 パソコンの使い道は2極化していると思う。消費と供給だ。メールやネット、買い物に音楽、動画、ゲームなどの消費する側とそれを供給する側だ。学校では消費する側を使いこなすことと、供給する側を軽く学ぶことが要求されるべきだろう。 学ぶこと ・電子書籍化した教科書や解説動画等を閲覧する。 ・ネットでの情報取得方法を学習する。 ・プログラミングの初歩を学習する。 上記3つならタブレットで良いと思う。今の世の中でパソコンという形態にこだわる必要はない。ノートパソコンでもいいが、耐久性と携帯性を考えればタブレットのほうが集団学習では向いていると思う。ただし、プログラミングの初歩を超えるものになればノートパソコン位は欲しいので、別途パソコンルームがあった方が良いかもしれない。 解決される問題 ・多量の教科書の持ち歩きと収納が問題…

続きを読む

ネコと和解せよ、ネコのさばきは突然にくる

ごきげんよう。 ロシアで違法薬物の「運び屋」として使われたネコ 裁判で替え玉発覚 ロシアで違法薬物の「運び屋」として使われたネコ 裁判で替え玉発覚 ロシアで違法薬物の「運び屋」としてネコが使われた事件を巡り、裁判に証拠として提出されたネコが替え玉だったことが発覚し、物議を醸しています。 情報量が多くて目がチカチカする。順番に見ていこう。 ロシアで違法薬物の「運び屋」としてネコが使われた事件 ロシアでは猫も犯罪に使われると。実際ネコが「運び屋」として使われることはこれが初めてのことではない。過去にはブラジルでも起こっていて、躍動感のあるネコの写真と共に捕獲の様子が伝えられている。 ブラジル刑務所の「運び屋」ネコ、看守に捕まる 裁判で替え玉のネコが使われた ネコは「証拠品」として州内の動物園に収容されていましたが、今年の夏ごろに飼育員との散歩の一瞬の隙をついて逃走しました。しかし、今月11日に行われた裁判で検察側が逃走の事実を隠して別のネコを証拠として提出したところ、被告側の弁護士が「色も全く違うネコで替え玉だ」と指摘し、公判が紛糾しました。 ネコが証拠品として裁判に必要な所がまず驚く。法律ではモノ扱いなので致し方ない。動物園から逃走したのも面白い所だが、それを隠蔽したのは何故なのか。そして弁護士が「色も全く違うネコで替え玉だ」と指摘し、公判が紛糾したくだりは失笑を誘う。関係ないが、弁護士はネコが好きのような気がする。 モスクワ市民:「証拠の偽造は許せません。…

続きを読む

正しく使いたい「OK Boomer(OK ブーマー)」

ごきげんよう。 “OK Boomer(OK ブーマー)” ってどんな意味? “OK Boomer(OK ブーマー)” ってどんな意味? “boomer” とは “baby boomer” を略した言い方で、その “baby boomer” とは「ベビーブームのときに生まれたの人」という意味です。 主に年配の人から古い考えを押し付けられた時に使います。説教くさいことや若者を見下すようなウザいことを言われたとき、若者世代の意見を理解しようともせず古い発言をする相手に、冷ややかに「ハイハイ」とあしらったり、軽く受け流すといったニュアンスです。 新しい考え・変化に対応できない人を小バカにしたり嘲笑う意味合いも込められていて、ベビーブーム世代の人にだけではなく、古い考えの30代以上の人に対しても使うそうです 日本でいうならBoomerは団塊世代とかに当たるだろうか。 使い方とニュアンスから察するに日本語訳するなら「老害乙(ろうがいおつ)」とかになるだろうか。より良い翻訳がありそうだが、思いつけなくてスッキリしない。 25歳議員が年配議員の野次を平然とあしらった「OK、ブーマー」の一言 NZ 25歳議員が年配議員の野次を平然とあしらった「OK、ブーマー」の一言 NZ ニュージーランドの議会で気候変動問題について演説していた25歳の女性議員が、年齢をからかう野次(やじ)を飛ばした年配の議員を「OK、ブーマー」の一言で黙らせて、同世代の共感を集めている。 どこの世界でも世代間での…

続きを読む

DMMの「コンプラ軽視」から録音の重要性を知る

ごきげんよう。 DMMの「コンプラ軽視」を法曹資格持つ社員が指摘、亀山会長に解雇されたと提訴 DMMの「コンプラ軽視」を法曹資格持つ社員が指摘、亀山会長に解雇されたと提訴 DMM.COM(本社・東京都港区、亀山敬司・最高経営責任者)の社内でコンプライアンス軽視を指摘したところ、違法な解雇をされて精神的苦痛を被ったなどとして、社員の男性が11月6日、同社を相手取り約330万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。社内で「コンプライアンスの軽視」を疑問視していたところ、上司との面談で「会社の弱点となる法的な知識を同僚に教えることは、会社に対する敵対行為」などと言われ、その翌日に亀山会長から解雇を言い渡されたという。 経営陣と社員を区別して「余計な知識を与えるな」「会社に対する敵対行為」というのは奴隷や社畜という言葉を想起させて大変不愉快だ。面と向かってこの台詞を言ってのけ、翌日解雇するというのはよっぽど都合が悪いと考えていると言う事でもある。知識一つで訴訟になるような状況なのだと思われても仕方がないだろう。 腐るに任せた企業 市橋耕太弁護士は会見で、「本件の内心調査や解雇は、著名で社会的責任を負うべき企業にあるまじき行為」と指摘。「本来、法令違反などが存在するならばその是正を図るべきところ、逆に法令を遵守しようとする者を排除するなどあってはならないことです」と批判した。 全くおっしゃる通り。法令を遵守しようとする者を排除する企業というのは、腐るに任せた企業ということでもある。…

続きを読む

制限のある料金プランの虚偽広告に科せられたのは

ごきげんよう。 総額65億円超の払い戻しが「無制限と書かれているが実は制限のある携帯料金プラン」に科せられる 総額65億円超の払い戻しが「無制限と書かれているが実は制限のある携帯料金プラン」に科せられる 2014年に連邦取引委員会(FTC)は「転送量無制限のデータプランと広告しているにも関わらず、転送量に応じた速度規制が存在する」として、AT&Tに対して訴訟を起こしました。アメリカの大手通信キャリアであるAT&Tが、「データ制限なし」をうたう回線プランでデータ通信量に応じた速度制限をかけていた問題で、最終的にAT&Tは顧客に対して総額6000万ドル(約65億円)の払い戻しを行うこととなりました。 アメリカではAT&Tが総額6000万ドル(約65億円)の払い戻しとなった「データ制限なし」をうたう回線プランの速度制限問題。注目すべきは連邦取引委員会(FTC)が訴訟を起こして払い戻しの結果を得たことだ。 日本での「制限のある料金プラン」に科せられたのは UQ「ギガ放題」広告に賠償命令 契約時の音声データが決め手に 会社側の責任を認め、2万1239円の支払いを命じた。ギガ放題プランには当時、3日間で計3GB以上のデータ量を使うと、その後2日間通信速度に制限がかかる「3日3G制限」が設けられていた。男性が「3日3G制限」でどの程度制限を受けるのか質問したところ、販売員は「こちら(店舗)ではずっとYouTube流してるんですが、今まで全くかかったことないです」「今まで僕らがここで使っ…

続きを読む

歌舞伎町で明治大学生を客引きで逮捕

ごきげんよう。 別の店の客を横取り…歌舞伎町で明大生逮捕 別の店の客を横取り…歌舞伎町で明大生逮捕 東京・歌舞伎町で別の飲食店の客を横取りしたとして、明治大学4年生の男が逮捕された。 客引きでよくある所謂「横取り」だが、逮捕案件だったとは知らなかった。客引きは犯罪と覚えておこう。 満席、系列店で同じメニューのキーワード 「地下の店は満席です」「系列店で同じメニューが食べられます」などと説明していたが、全く違う店だったため、客が110番通報した。 覚えておきたい「横取り」ワード。このワードで客引きされたらまず、満席かどうか確認したい。次に違う店なら通報すると突きつけたいが、それを押さえて最初から相手にしないことをおすすめする。面倒は避けるものだ。 誘導先の別の店の責任は 居酒屋に客誘導容疑で明大生逮捕 新宿「満席です」と自身の店に 誘導する客引きが逮捕されたことは記事になっているが、誘導先の店については全く触れられていない。 奥居容疑者は4月ごろから働いており「店から指示されてやった」と供述しているという。 どこの店でどういった対応が取られたのか、非常に気になるところだ。 新宿での対応は条例に基づく 新宿区公共の場所における客引き行為等の防止に関する条例を改正しました。(平成28年4月1日施行 罰則規定については同年6月1日施行) 客引き行為等に対する指導・警告・勧告を行い、これに従わない場合には、公表や過料といった罰則が科されることとなります(「公…

続きを読む

「悪くない人」「悪気がない人」と「悪い人」とは

ごきげんよう。 「周囲を不快にする」エース社員を切るべき理由 「周囲を不快にする」エース社員を切るべき理由 従業員たちがその管理職の態度に悩まされているのも事実だし 複雑なのは、その管理職が企業に大きな利益をもたらしているということだ。 その管理職はCEOの古くからの友人でもあったし、これまで長い間、CEOを大いに助けてくれた。 共通するのは ・下の者に対してはひどい態度で、間違いなくパワハラ認定されるようなことをしている。 ・社長以外とは仲が良くないうえ、邪魔をしている。 ・仕事の実績はある。 つまり人格以外が評価され、上役とだけ仲が良いということ。そういった人物が下を蔑ろしているという状況だ。 実例 実例として二人目撃している。一人は取締役で部下と同僚に罵詈雑言を浴びせ続け、リーダーをしていたプロジェクトチームを丸ごと退職させた後、さらに会社の3分の1を退職させることになった。もう一人は部長で衆人環視の中で長時間大声で恫喝罵倒を毎日のように繰り返して取引先をいくつか失った上、部下からパワハラで裁判に訴えられる事態になっている。前者は中小企業の話だが、後者はそれなりの大きな企業の話だ。 今すぐ言い訳はやめるべきだ 経営者や管理職にとって、無礼な人間に対して厳しい姿勢で臨むことは容易ではない。「彼にも悪気はないんだよ」「彼を辞めさせたら代わりを見つけるのが大変だ」などと言い訳をして、厳しくすることを怠ってしまう。「彼を辞めさせるような余裕はない」「そうい…

続きを読む


人気ブログランキングへ