オリンパス、デジカメなど映像事業をファンドに売却

ごきげんよう。 オリンパス、デジカメなど映像事業をファンドに売却 オリンパス、デジカメなど映像事業をファンドに売却 オリンパスは24日、デジタルカメラを中心とする映像事業を投資ファンドの日本産業パートナーズ(JIP、東京・千代田)に売却すると発表した。 初めて買ったデジタルカメラがオリンパスだったが、一つの時代の終わりを感じるニュースだ。 スマートフォンなどの台頭に伴うデジタルカメラの世界的な需要減少 スマートフォンなどの台頭に伴うデジタルカメラの世界的な需要減少で、2020年3月期まで3期連続で営業赤字を計上していた。 まぁそうだろう。スマートフォンにしてからデジタルカメラの必要性を感じていない。デジタルカメラの世界的な需要減少は必然だろう。 スマートフォンなどの台頭に伴うデジタルカメラの世界的な需要減少 オリンパスの20年3月期の映像事業の売上高は436億円。総売上高(7974億円)の5%強にとどまる。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、4月の同事業の売上高は前年同月比で6割近く減少していた。 どこまでが新型コロナウイルスの感染拡大の影響なのかはわからないが、6割近く減少では、売却の判断に至ったのはやむを得ないかもしれない。 分社 今後、映像事業の構造改革を行い、黒字化を見込める構造にしたうえで分社する。 ファンドに売却して成功した例をあまり知らないが、オリンパスは黒字化を見込める構造になるのだろうか。皆がカメラのついたスマートフォンを持つ時…

続きを読む

9か月でワイヤレスマウスが壊れた話

ごきげんよう。 9か月でワイヤレスマウスが壊れた話 9か月でワイヤレスマウスが壊れた。電池を一回交換してほどなく壊れた。なので評価をしてみようかと思う。 電池交換が必要 ワイヤレスマウスは乾電池が必要で、当然電池交換が発生する。8か月ちょっと程度で交換となったのを長いと見るか短いと見るかは意見が分かれるところかもしれない。唐突にマウスが利かなくなるのは不便というより軽いパニックに陥るのでやはりデメリットであることは否めない。 重量 用途や種類によっては重量が有るものも無いでもないが、通常、マウスはそれほど重要が有るものではない。ワイヤレスマウスの場合、乾電池を入れている分だけ重量が増す。これもデメリットといえるだろう。 ワイヤレス メリットであるワイヤレス。コードが絡むことも、引っ張られることも無くなるのはメリット。ただ、マウスを普通に使用する場合にコードの有無はほぼ意識することは無いので微妙かもしれない。 価格 1200円のものを購入している。特に高額な設定ではないが、9か月で壊れたことを加味すると別の商品のほうが良かったかもしれない。 ボタン数 5ボタンのモノを愛用してきたが、壊れたため、3ボタンのものを急遽使用している。正直不便に感じる場面が少なくないためストレスがたまる。5ボタンをおすすめする。 有線か無線か 個人的には現状では有線をおすすめする。

続きを読む

「Linux搭載PC」を名刺にしてしまった猛者が登場

引用元:「Linux搭載PC」を名刺にしてしまった猛者が登場 - GIGAZINE ごきげんよう。 「Linux搭載PC」を名刺にしてしまった猛者が登場 「Linux搭載PC」を名刺にしてしまった猛者が登場 個性的な名刺作りには多くの人が知恵を絞っていて、「USBメモリとして使用可能な名刺」を作った人もいます。そんな中、CPUやメモリなど、PCに必要な最低限のコンポーネントを備えた名刺が登場しました。 USBメモリとして使用可能な名刺という時点で十分インパクトのある名刺だが、CPUやメモリなど、PCに必要な最低限のコンポーネントを備えた名刺となると、もはや意味が解らないレベルだ。 Linux搭載PCの名刺 Linux搭載PCの名刺を作ったのは、組み込みシステムエンジニアのGeorge Hilliard氏です。表面には、プロフィールと共に「This card runs Linux!(このカードはLinuxで動作します)」と記載されています。また、名刺の下部にはICチップが設置されており、名刺自体が1枚の基板として使われているのが分かります。 組み込みシステムエンジニアの本領発揮の名刺。心から称賛を送りたい。OSだけならUSBライブLinuxに手を加えるということは理解できるが、名刺自体が1枚の基板として各種ICチップ搭載となるとハードウェア知識とパーツが盛りだくさんが必要になる。全てを満たしてさらに実行、実現できたと言う事には脱帽だ。 組み込みLinuxマシンと、プ…

続きを読む

Linux(Ubuntu18.04)をファイルサーバーにする

ごきげんよう。 目次Linux(Ubuntu18.04)をファイルサーバーにするfdisk -lblkidmkdir マウント先ディレクトリの作成/etc/fstabの記述sambaのインストール/etc/samba/smb.confの記述Linux(Ubuntu18.04)を再起動Winwos側の設定 Linux(Ubuntu18.04)をファイルサーバーにする Windows7マシンがメインのHDDとデータ用のHDDというの構成だったが、メインのHDDにUbuntu18.04を上書きしている。そこでUbuntu18.04でWindows7マシンで使っていたデータ保存用のHDDをファイルサーバーとして他のPCと共有できるように設定する。データ保存用のHDDはWindows7で使っていたので、ファイルシステムはNTFSとなっている。共有にはsambaを使う。 fdisk -l 指定したデバイスのパーティションテーブルをリスト表示する $ sudo fdisk -l 実行結果 デバイス 起動 開始位置 最後から セクタ サイズ Id タイプ /dev/sdb1 2048 3907026943 3907024896 1.8T f W95 拡張領域 (LBA) /dev/sdb5 4096 3907026943 3907022848 1.8T 7 HPFS/NTFS/exFAT blkid ブ…

続きを読む

Streamlabs OBSのその後と復活のOBS

ごきげんよう。 Streamlabs OBSのその後 PSP取り込み環境構築とStreamlabs OBSにて、OBSは一度は見限っているが、Streamlabs OBSでは2つ同時の配信ができないことから、OBSに戻せるなら戻したいと思うようになっていた。またOBSでも起きた現象だが、ビデオキャプチャーしているゲーム機の電源を落とすとPCごと落ちてブルースクリーンになる現象がStreamlabs OBSでも発生している。Streamlabs OBSが秀でているわけではなく、OBSで問題が起きたというネガディブな理由で使い続けることに不満を覚えていた。 ブルースクリーン原因特定 PSP取り込み環境構築で発生したOBSのブルースクリーン。そのため、原因もPSP取り込み環境構築にあるものだと考えていた。しかしBlueScreenViewで確認してみたところ、原因はPSP取り込みを行っているビデオキャプチャデバイス「GV-USB2」ではなく、PS4やSwitchの取り込みを行っているビデオキャプチャーデバイス「AVerMedia cv710」であることが特定できた。 ビデオキャプチャーデバイスのドライバ更新 AVerMedia cv710のドライバの更新を行うことにした。AVerMediaのサイトにcv710の最新版ドライバがあるのでダウンロードし、インストールした。 OBSの復活 OBSの最新版をインストールして起動する。以前ならPCがブルースクリーンになっていると…

続きを読む

スマートフォンとオールドメディア

ごきげんよう。 消えるワンセグ、ハイエンドで搭載は1機種のみ 消えるワンセグ、ハイエンドで搭載は1機種のみ スマートフォンからワンセグ・フルセグ機能が急速に姿を消しつつあります。NTTドコモ・KDDIが発表した秋冬モデルで、ワンセグを搭載する機種は、シニア向けのらくらく端末を除くとソニーモバイル製「Xperia 5」のみ。ワンセグを搭載しないiPhoneが日本で圧倒的なシェアを獲得するなど、ワンセグそのもののニーズを疑問視する声もあります。 それほど需要がある機能だったのかという、そもそも論となりそうなワンセグ。ハイエンド機ではXperiaのみととなる模様。iPhoneのシェアを見る限り、必須な機能という訳が無い。 NHK受信料の負担義務を負うワンセグ ワンセグに対応する携帯端末でもNHK受信料の負担義務を負うという最高裁判決が出ており、単身世帯を中心に「テレビがない」世帯もあるなか、ワンセグ端末を持っているだけでNHK受信料の負担義務が生じることへの反発も一部ではあります。 どうも、反発する一部です。ワンセグ端末を持っているだけでNHK受信料の負担義務が発生するという意味不明な押し売り。反発するのは当たり前の話。これもそもそも論で時代遅れの放送法第64条がおかしいと思う。 スマートフォンとオールドメディア スマートフォンは今後さらにネットとの融合が進むと思う。実際アカウント情報の共有などはネットとの融合の結果だ。テレビや新聞といったオールドメディアはネットに落と…

続きを読む

PSP、修理受付終了 発売から約15年

引用元:PSP | O.Taillon | Flickr ごきげんよう。 PSP、修理受付終了 発売から約15年 PSP、修理受付終了 発売から約15年 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は10月1日、携帯ゲーム機「プレイステーション・ポータブル」(PSP)全モデルの修理受付を9月30日に終了したと発表した。 PSPは2014年06月で国内向け出荷を完了している。それから今まで五年以上にわたり修理対応していたことを称賛したい。 PSPの想い出 俺の屍を越えてゆけ 俺の屍を越えてゆけリメイク版の想い出が多い。他のゲームももちろんしているが、特に印象に残っているのは俺の屍を越えてゆけだ。現在でもプレイステーション版かPSP版でしか遊べないのでまだプレイしている人もいるかもしれない。PSP版で神様が次々と追加されていき、交神回数の多い神様の遺伝情報が上昇するのが楽しかった。 PSPの想い出 遊戯王 一人用専用として遊戯王をプレイしていた。一番の思い出は草津へのバスでプレイしていてバッテリーが切れてしまったことだ。遊戯王は特に関係ない。なお、行きも帰りもバッテリー切れを起こした。温泉は良かった。 PSPの想い出 モンスターハンター フロンティアをかなりプレイしていたが、PSP版は直ぐに投げてしまった。携帯機でアクションは画面が動いて辛かった。 PSPを再び起動する日 PSPはもう閉まってしまった。再び起動する日は来るのだろうか。来ない気が…

続きを読む

25年度端末1人1台目標はあまりにも遅すぎる

ごきげんよう。 25年度「端末1人1台」目標に=先端技術活用の教育環境整備で-文科省 25年度「端末1人1台」目標に=先端技術活用の教育環境整備で-文科省 学校の教育用コンピューターの整備を進め、2025年度をめどに、児童生徒が1人1台使える環境の実現を目指すことを柱に掲げた。 遅すぎる。スマートフォンを持つことが当たり前の世の中で、1人1台使える環境になってないことをもっと問題視してほしい。2025年度目標というのは、あまりにも遅すぎる。 コストの問題 コストの問題があり、同省は今回の計画で、より安価に調達できる教育用コンピューターのモデル例などを示した。 ChromePCでいいんじゃないかと思う。4万切る価格なので平均的なスマートフォンより安いだろう。実際アメリカでは教育用途で利用されているPCの過半数はChromePCが使われている。Androidアプリや無料のG Suiteが利用できる点もメリットになる。他の選択肢としてLinuxでのコストダウンが挙げられるかもしれないが、メンテナンスや教員教育を考えるとChromePCより難易度は高いだろう。 教科書の電子書籍化 学校の教科書はいい加減、全て電子書籍化するべきだ。端末1人1台を前提とする体制と合わせれば、もはや教科書や参考書を持ち歩く必要は無くなる。さらに言えば、やる気のある学生が上の学年の教科書を見ることが出来るようにするものいいだろう。また複数ある教科書を比較できるようにするものいいかもしれない。…

続きを読む

ファーウェイのスマホ、ロック画面に広告一斉配信

ごきげんよう。 ファーウェイのスマホ、ロック画面に広告表示し世界中で騒動に ファーウェイのスマホ、ロック画面に広告表示し世界中で騒動に ユーザーが利用中のファーウェイ製スマホのロック画面に、覚えのない広告が一斉配信されるという出来事が世界規模で発生し、同社が謝罪、取り下げるという騒動があった。 タブレットなどでは広告ありバージョンと広告なしバージョンが用意され価格が異なるケースがある。Kindle Paperwhiteなどが良い例だ。 しかしファーウェイのスマホはそういった広告ケースが用意されていないはずのものだ。それに広告が一斉配信されたら騒動になるのも当然だろう。しかし問題の本質は広告ではない。 クラウド経由でダウンロード 対象となったのはP30 ProやP20 Pro、P20 Liteなどの主力機種で、プリインストールされている壁紙を有効にしている場合に、クラウド経由でダウンロードされたようだ。 主力機種でクラウド経由のダウンロードがされているということは、やろうと思えばすべての機種で実行可能であると言う事でもある。今回は壁紙と広告という組み合わせにすぎないが、もっとエグイ組み合わせもクラウド経由で後出しでやろうと思えばできると言う事だ。 端末を「遠隔操作」できてしまう ユーザーの手元にある端末を「遠隔操作」できてしまうことを実証してしまった 今回一番の問題点はこれに尽きる。ファーウェイのスマホはユーザーの了解無しに遠隔操作できることを前…

続きを読む

富士通、NECシェア低下、日本HP、デルが躍進

ごきげんよう。 富士通、NECシェア低下、日本HP、デルが躍進国内PCメーカーが史上初の首位陥落の衝撃富士通、NECはLenovoグループの傘下Lenovoグループの信用日本HPやデルの躍進は続くのか 国内PCメーカーが史上初の首位陥落の衝撃 国内PCメーカーが史上初の首位陥落の衝撃! Intel製CPU供給問題が業界勢力図を変えた 日本のPC市場が誕生して以来、NECや富士通といった、日本に本社を置く国内PCメーカーが守り続けてきたトップシェアの座を、初めて、海外PCメーカーが奪取したからだ。四半期と言えども、外資系PCメーカーが首位となるのは初めてとなる。 今まで外資系PCメーカーが首位になっていなかったことに驚いた。とはいえ、NECや富士通は既に国内メーカーとは言えないのだが。 富士通、NECはLenovoグループの傘下 富士通クライアントコンピューティングやNECパーソナルコンピュータは、Lenovoグループの傘下であり、純粋に国内PCメーカーとは言えない状況にあるのも確かである。だが、日本で生まれたPCブランドであり、日本に本社を置くPCメーカーであることに間違いはない。 Lenovoグループの傘下と本社が日本にあることは別に考えるべきだ。Lenovoへの対応を過去を振り返りながら考えるでもとりあげたが、既に富士通、NECのPCはLenovoとまとめるべきだろう。既に日本メーカーのPCではないのだ。 Lenovoグループの信用 一部ユーザーにおいて、NEC…

続きを読む


人気ブログランキングへ