なぜ人は共産主義に騙され続けるのか

ごきげんよう。 なぜ人は共産主義に騙され続けるのか なぜ人は共産主義に騙され続けるのか ソ連が崩壊して以降も、数は少なくなったが共産主義を信奉し続ける人は存在し続けた。それがまた不思議だった。左翼はウソつきなのか、それとも単に学習能力がないのかという点が当時の関心事だった。正直で頭のいい人は左派にはなれないというレイモン・アロンの言葉を知ったのはその後のことである。 共産主義について、思い浮かぶのはウィンストン・チャーチルの言葉だ。 二十歳までに共産主義にかぶれない者は情熱が足りないが、二十歳を過ぎて共産主義にかぶれている者は知能が足りない。 二十歳までに共産主義にかぶれなかった情熱が足りない者ではあるが、二十歳を過ぎて共産主義にかぶれなかったので知能は足りているかもしれない。正直で頭のいい人は左派にはなれないというレイモン・アロンの言葉も共感できる。 日本では「左翼=反日」と理解されていることが多い。しかし、それは間違いである。 日本の場合、左翼の人権運動は北朝鮮による拉致被害者の人権を無視する。平和運動も、中国や北朝鮮の核開発や軍拡に抗議をしない。反原発運動も、中国や韓国の原発には反対しない。これらに共通するのは、周辺諸国が日本を侵略しやすい状態を作り出す方向に運動が向いていることである。それゆえ、日本では「左翼=反日」と理解されていることが多い。日本人の目につく左翼運動にかかわる外国人は、みな反日勢力に見えるため、外国の左翼も反日的であるとの誤解を持つ保守系日本人…

続きを読む

香港民主化デモの活動家にノーベル賞?

ごきげんよう。 中国政府がノルウェーに「香港民主化デモの活動家にノーベル賞を与えるな」と警告 中国政府がノルウェーに「香港民主化デモの活動家にノーベル賞を与えるな」と警告 中国の王毅外交部長(外務大臣)がノルウェー訪問の中で、中国の人権活動家である劉暁波氏やダライ・ラマ法王のように、香港民主化デモの活動家にノーベル平和賞を授与すれば、両国間が緊張することになるだろうと警告しました。 ノーベル平和賞を与えられるようなことをしていると認識されている中国の人権活動家である劉暁波氏やダライ・ラマ法王。中国でもそれを認識していて「香港民主化デモの活動家にノーベル平和賞を授与」されそうな事態だとわかっているということになる。遠回しに自白したようなものだ。 拘束中の作家に言論の自由賞を与えるな 2019年には在スウェーデン中国大使館がスウェーデンに対して「拘束中の作家に言論の自由賞を与えるな」と抗議しています。 中国には言論の自由はありませんと宣言しているに等しい。 人権、言論の自由、民主化 中国では、人権は抑圧され、言論の自由は無く、民主化は弾圧される。この先、中国が今後どうなるのかはわからない。中国が民主化され、人権を取り戻し、言論の自由を謳歌するには乗り越えるべき壁は高く、そして狡猾で残忍だ。願わくば実現してほしい。

続きを読む

エジプトでダンス動画投稿女子大生に禁錮2年と罰金

ごきげんよう。 InstagramとTikTokにダンス動画投稿しただけで、女子大生に禁錮2年・罰金200万円の判決下る InstagramとTikTokにダンス動画投稿しただけで、女子大生に禁錮2年・罰金200万円の判決下る エジプトの女子大生マワダ・アルアダムさん(22歳)は、ファッショナブルな装いの動画をInstagramとTikTokに投稿したために逮捕され、禁錮2年・罰金およそ200万円の有罪判決を言い渡された。 表現の自由をどこまで認めるのか、国が変われば基準が変わってしまう。大きく規制すれば息苦しいディストピアになるだろう。 近年、多くの芸術家、作家、芸能人が逮捕された ・風紀の荒廃を取り締まるエジプト当局の動き  公共の道徳に違反したとして、近年、多くの芸術家、作家、芸能人が逮捕されたと『Egyptian Streets』は伝えている。 この状況を放置しているとエジプトは表現の自由だけではないく、様々な抑圧に晒されることに繋がりうる。あれを逮捕するなら、これも逮捕となりかねない。表現の自由を抑圧しても問題ないと判断すれば、それ以外の自由も抑圧されることだろう。それがエジプト当局にとって都合が良いと判断されてしまえば実行される。 規制をしたがる人 これらの逮捕は、国内外で非難を浴びる一方で、エジプトの一部の人々は、称賛している。 どこの国にも規制をしたがる人はいる。ただしそれは自分に関りが無いものに限定されたものであり、中には規制で利益を得るもの…

続きを読む

アマプラ解約運動は3つの是非の複合問題

ごきげんよう。 Amazonプライムが300円の『お詫びクーポン券』発送 CMが不快だ、の声を受け 「アマプラ解約運動」がトレンド入り Amazonプライムが300円の『お詫びクーポン券』発送 CMが不快だ、の声を受け 「アマプラ解約運動」がトレンド入り 現在「#Amazonプライム解約運動」というハッシュタグがトレンドに上がっています。AmazonのCMに三浦瑠麗さんを起用したことに反対し「解約しよう!」と“一部の人々”が騒いでいるようです。 AmazonプライムのCMに起用された三浦瑠麗さんが徴兵制導入を主張していたことが気にくわない一部の人々が「#Amazonプライム解約運動」のハッシュタグをつけて騒いでいると言う事のようだ。 「Amazonプライム解約運動」で徴兵制を考える―三浦瑠麗氏の主張は適切か? 「Amazonプライム解約運動」で徴兵制を考える―三浦瑠麗氏の主張は適切か? CMに起用することの是非と、徴兵制の是非と、三浦瑠麗氏の主張の是非は全て別問題だ。全てまとめて同じ問題であるかのように語るのはおかしな話だ。 CMに起用する人 CMに起用する人には政治的な主張はもちろん、様々な事柄について無色であることを求められるように思う。ターゲットとなる人に刺さる人選で色の付いている人を起用する場合もあるだろうが、基本的には無色の人を起用するべきだ。例えば元首相の鳩山由紀夫氏をCMで起用などということになったら反感を抱く人は少なくないだろう。 徴兵制の是…

続きを読む

中国製の製品やソフトウェア、安全確保できず

ごきげんよう。 TikTok含む中国アプリの禁止を検討─米国務長官=FOX TikTok含む中国アプリの禁止を検討─米国務長官=FOX ポンペオ米国務長官は6日、短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」など中国のソーシャルメディアアプリについて、禁止することを検討していると述べた。インド政府は既に、TikTokを始め中国企業などが提供する59のモバイルアプリを禁止。 アメリカもようやく中国製アプリ禁止に動くようだ。個人的には最初から中国製ということでTikTokには近づいていない。日本は直ぐには禁止には動かないかもしれないが、アメリカが禁止を決めたなら歩調を合わせた対応をすべきだと思う。 Google・Facebook・Twitterが香港国家安全維持法に反発、香港政府のデータ要求を拒否する構え Google・Facebook・Twitterが香港国家安全維持法に反発、香港政府のデータ要求を拒否する構え Google・Facebook・Twitterなどが、中国政府が香港での反政府的な動きを取り締まるための法律である「香港国家安全維持法」に反対を表明し、香港政府からのデータ要求を拒否し始めました。 明確に香港政府からのデータ要求を拒否したのは評価されるべき。香港国家安全維持法自体がめちゃくちゃな法であることを強調したい。 中国本土では、Google、Facebook、Twitterは「グレートファイヤウォール」によっていずれも禁止されています。 Goog…

続きを読む

東京都知事選 現職の小池百合子氏 2回目の当選確実

ごきげんよう。 東京都知事選 現職の小池百合子氏 2回目の当選確実 東京都知事選 現職の小池百合子氏 2回目の当選確実 過去最多の22人が立候補した東京都知事選挙は、現職の小池百合子氏(67)が、2回目の当選を確実にしました。 現職の小池百合子氏 2回目の当選確実。やる前から結果の予測は出来ていたので、驚きはない。ただ思う事は色々とある。 小池都政の公約達成度 小池都政の公約達成度をチェック! 「電柱ゼロの地中化」「築地テーマパーク」は今 小池都知事が前回選挙で掲げた公約として、〈7つのゼロ〉がある。待機児童、満員電車、電柱、ペット殺処分、残業に加え、介護離職ゼロや多摩格差ゼロといったものまでが大々的に喧伝された。「そのほとんどが達成できていません」 今回の選挙は信任確認ではなく、他の有力候補者が酷すぎたことによる消去法での当選だと思っている。前回選挙で掲げた公約7つのゼロはそもそもやる気が感じられないものだったので、ほとんど達成されていないのも当然だろう。 施策の政治家ではなく、政略家 16年秋に豊洲に移転予定だった計画。就任早々、小池都知事が延期にすると、17年、「築地は守る、豊洲は活かす」と語り、築地を「食のテーマパーク」として再開発すると言い出した。ところが、豊洲移転後の19年には築地に国際会議場などを作ると方針転換。いつの間にか「食のテーマパーク」構想は雲散霧消してしまったのだ。 豊洲に移転するのを感情で延期した上、売却するはずの築地を「食のテーマパ…

続きを読む

中国主席の国賓来日中止の自民決議案、政府伝達へ

ごきげんよう。 中国主席の国賓来日中止を 自民決議案、政府に伝達へ 中国主席の国賓来日中止を 自民決議案、政府に伝達へ 自民党外交部会は3日、党本部で役員会を開き、中国が香港への統制を強めていることを非難し、延期されている習近平中国国家主席の国賓来日を中止するよう政府に求める決議案をまとめた。6日に党内の了承手続きを行い、首相官邸に申し入れる。 香港を殺した香港国家安全維持法。外国人の外国でのSNS等での発信であっても逮捕でき、最低3年、最高で無期懲役が科される。自由も人権も法の支配も無い状態になったと見ていいだろう。既に逮捕者も出している。その状況で中国主席の国賓来日など、香港国家安全維持法への賛同と取られかねない。中止を求めるのも当然だ。 在留邦人の保護 在留邦人の保護も求めた。 求める段階ではなく、具体的に対策を打つべき段階になってしまっている。既に逮捕者も出している状況を甘く見過ぎているように思う。 自由と安全を失った香港 かつて香港は言論の自由および報道の自由が保障されていたが、もはやその自由は無くなった。 微かな安全のために、自由を少しでも手放す社会は、最終的に両方とも手放す事になるだろう ― ベンジャミン・フランクリン 香港は自由を失い、直後に安全も失った。さらにいえば、信頼も失った。

続きを読む

香港は死んだ

ごきげんよう。 香港は死んだ 目に見えない戦車がやってきた 香港は死んだ 目に見えない戦車がやってきた 2020年6月30日。目に見えない、中国の戦車部隊が静かに香港に進駐した。「香港国家安全維持法」という恐怖による香港統治の幕開けである。23年前の7月1日に始まった「一国二制度」の香港は、死んだ。 香港は死んだ、というのは大げさでもなんでもない。「一国二制度」は主権国家の枠組みの中において一定の自治や国際参加を可能とする構想であるが、香港国家安全維持法でこれが覆った。 香港国家安全維持法 香港国家安全維持法は、人権を保障した香港の法律よりも優先される。にらまれたら最後、逃れる手立てがない。 これが一番の問題であり、香港が死んだ理由となる。もはや香港では人権は保障されず、簡単に逮捕される。 中国、香港国家安全維持法で世界中を摘発対象に 中国、香港国家安全維持法で世界中を摘発対象に…「戦争の理由」を得た米国が制裁強化へ 外国人がウイグルやチベット、台湾の独立問題についてインターネットなどで支持を表明しただけでも、香港渡航時に摘発の対象となり得るわけだ。香港国際空港では、トランジット(乗り継ぎ)でも一旦入境しなければならないケースが多く、単なる乗り継ぎも危険ということになる。 もはや香港にはトランジット(乗り継ぎ)すらできなくなる可能性があるということだ。 戦争の理由としては十分なもの 中国による香港国家安全維持法で、香港は「立法」「司法」「行政」の三権す…

続きを読む

元CNN記者五人、中共メディアに雇われ反米に尽力

ごきげんよう。 元CNN記者五人、中共メディアに雇われ反米に尽力 元CNN記者五人、中共メディアに雇われ反米に尽力 ナショナルパルスが元CNN記者五人が中共メディアCGTNに雇われ中共を賛美し、反米に尽力していると報道している。判っていた事実を改めて突き付けられただけともいえるが、実際に実名で5人が挙げらえていることは無視できないことだろう。 日本よりはマシなのか CGTNの規模的は3000万人の視聴者とのことなので、日本よりはマシなのかもしれない。日本の場合はマスメディアの殆どが中共を賛美しかねない。 マスコミが中共に買収されている 民主主義の欠点を突かれているように思う。日本を貶め、中共を賛美しているメディアは買収されている可能性を考えるべきだろう。思い浮かんだメディアがあれば、そのメディアは信用すべきではない。

続きを読む

マンハッタン計画を全く理解してないデマツイート

ごきげんよう。 望月龍平 on Twitter: "原爆は落とされたんじゃなく 打ち上げたのです それを爆発させたのは日本ですよ 本当の悪は誰でしょ 望月龍平 on Twitter: "原爆は落とされたんじゃなく 打ち上げたのです それを爆発させたのは日本ですよ 本当の悪は誰でしょ 元劇団四季の望月龍平氏のトンでもツイート。自己紹介をみるとなにやら怪しい記述が。 劇団四季で12年俳優として活動。株式会社蒼龍舎・RYUHEI COMPANY代表取締役。演出家・脚本家・俳優・プロデューサー。真実を伝えるオンラインサロン無料ページ 真実を伝えるオンラインサロン。これが真実ですか。そうですか。 望月衣塑子記者の弟・望月龍平さん「原爆は落とされたんじゃなく打ち上げたのです それを爆発させたのは日本ですよ」ツイートが大反響 望月衣塑子記者の弟・望月龍平さん「原爆は落とされたんじゃなく打ち上げたのです それを爆発させたのは日本ですよ」ツイートが大反響 なんと望月龍平氏は望月衣塑子記者の弟だとのこと。嫌なことに少し納得してしまう。こういったあからさまな捏造やデマの類を金儲けや他者への批判に使うことを何とも思わないことは怖いことだ。そして許してはいけない事でもある。 マンハッタン計画 最低でも核開発競争が行われて、アメリカではマンハッタン計画として進められ、原子爆弾として結実したことくらいは理解しておきたい。その辺りの開発競争をシミュレートしているゲームもある。Hearts of…

続きを読む


人気ブログランキングへ