愛と情熱の籠ったファンによる実写『ナウシカ』

ごきげんよう。 愛と情熱の籠ったファンによる実写『ナウシカ』ブラジル発 ファンによる実写『ナウシカ』監督のクリス・テックスさん心から叶って欲しい夢 ブラジル発 ファンによる実写『ナウシカ』 ブラジル発 ファンによる実写『ナウシカ』がガチ ジブリ愛が止まらん 何はともあれ、観て欲しい。 WIND PRINCESS - OFFICIAL TRAILER (NAUSICAÄ TRIBUTE) ティザー映像では、約40秒間と短い間に砂漠の隣にある腐海や、メーヴェで飛ぶナウシカ、それを赤い警戒色の目で追う疾走する王蟲など、是非続きが見たくなる内容となっている。 監督のクリス・テックスさん 製作費用はクリスさんのポケットマネーで賄われているが、クリスさんは「宮崎駿さんとスタジオジブリのチームに敬意を評するためだけに製作している」と語っており、完成後はオンラインにて無料で公開予定だという。 愛と情熱が強すぎて最早称賛する以外にない。公開されたら是非見たいと思う。 心から叶って欲しい夢 今回製作した衣装や銃、メーヴェなどの小道具を東京にある三鷹の森ジブリ美術館に寄付することが夢であると語っている。 また、もっとも好きな監督のひとりである宮崎駿に会うという夢も。 この映像が、ブラジルのクリエイターとスタジオジブリを繋ぐきっかけになれば、これほど素晴らしいこともないだろう。 他人の夢の成就をこれほど心から望むことは少ないことかもしれない。作品の作成に必要な事には愛と情熱が含…

続きを読む

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 前夜 赤い彗星

出典:機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 前夜 赤い彗星 公式サイト ごきげんよう。 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 前夜 赤い彗星 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 前夜 赤い彗星 累計発行部数1,000万部を超える大ヒットコミックス『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』。2011年にアニメプロジェクトが発表され、2015年から2018年にかけて、全6話をイベント上映及び劇場上映しました。本作『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』は、この全6話を、オープニング&エンディング新作のうえ13本のTVシリーズに再編集しました。 2019年4月29日から、毎週月曜 午前0時35分〜【日曜深夜】NHK総合テレビで放送されます。 機動戦士ガンダムTHE ORIGINの13本のTVシリーズが放送される。全6話版は途中までしか視ていないので、この機会に全て観ておきたい所だ。 シャア・セイラ編 I 青い瞳のキャスバル シャア・セイラ編 II 哀しみのアルテイシア シャア・セイラ編 III 暁の蜂起 シャア・セイラ編 IV 運命の前夜 ルウム編 V 激突 ルウム会戦 VI 誕生 赤い彗星 Kindleストアでガンダム関連作品のセール Kindleストアでガンダム関連作品のセールを4/25までしている。 特に『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』は大胆に行っている。全24巻のうち1巻は93%OFFの43円。2巻~19巻が…

続きを読む

機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ富野由悠季コメント

出典:「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」ビジュアル [画像・動画ギャラリー 2/3] - コミックナタリー ごきげんよう。 閃光のハサウェイ 「閃光のハサウェイ」映画化に富野由悠季がコメント「まさかという驚きがあった」 富野由悠季コメント 30年ちかく前に書いたノベルスの映画化は、原作者として嬉しい。まさかという驚きがあった、しかも三部作。 富野由悠季氏が主導して進めた映画化なのかと思っていたが、違っていたことに驚いた。 進歩か後退か 現実の世界は進歩などはしないで、後退しているかも知れないのだ。だから、ガンダムのファンの皆々様方が牽引してくださった道筋があったおかげで、今日、本作のテーマが現実にたいして突きつける意味があると知ったのである。 技術は進んでも人間のサガが如何ともしがたいものだ。進歩か後退かと問われれば答えは容易ではない。30年ちかく前にはテロはあっても、テロとの戦争などという概念は無かった。確かに今突き付けられると意味があると思える。 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』トレーラー 期待が高まるトレーラーだ。公開を楽しみにしておきたい。

続きを読む

実物大ガンダム像、2億円詐取

ごきげんよう。 実物大ガンダム像、2億円詐取 実物大ガンダム像、2億円詐取か 工事費水増しで逮捕 施工業者に水増し請求させる方法で2013〜16年に、バンダイから計約2億円をだまし取ったとみられる。 ガンダム立像はアニメ「機動戦士ガンダム」に登場する巨大ロボットを劇中と同じ大きさで再現したもの。事件当時は高さ18メートルの初代ガンダム像が設置されていた。 相場も手探り状態だっただろうし、水増し請求しやすくて詐欺の題材にはもってこいだったのかもしれない。 「アナハイム」がトレンド入り 実物大ガンダム工事代水増し疑いで逮捕→「アナハイム」がトレンド入り 作中に登場する企業「アナハイム・エレクトロニクス」に言及する人が続出。こちらもトレンドに入る事態となった。 アナハイム社は作中に登場する企業で、地球連邦軍のモビルスーツを生産する「死の商人」。キャッチコピーに「スプーンから宇宙戦艦まで」を掲げるコングロマリットだ。 兵器の横流しなど、汚職が描かれる場面もあることから「さすがアナハイム。やることが汚い」などとコメントする人も。事件を知って、アナハイム社を想起したようだ。 アナハイムならそれくらいはやっておかしくないと、同じことを思った。思う事は皆同じで、見事にトレンド入りするところは流石だと思う。不名誉な目立ち方だが、現実感が追加されて逆に親しみを感じるのは何やらおかしく感じる。

続きを読む

アニメ「虚構推理」公式サイトオープン

出典:「少年マガジンR|講談社コミックプラス」虚構推理公式サイトより引用 ごきげんよう。 アニメ「虚構推理」公式サイトオープン 「虚構推理」のアニメ化が決定し、公式サイトがオープンした。 「虚構推理」とは 原作は第12回本格ミステリ大賞を受賞している。既に漫画化もされていて9巻まで発売中。西尾維新の物語シリーズやゲゲゲの鬼太郎とは異なる怪異談にミステリーが融合したような作品。 漫画読者として期待のアニメ化 漫画は9巻まで読んでいる。漫画は出来が良いのでアニメ化には期待している。続報を待ちたい。 漫画「虚構推理」10巻 漫画「虚構推理」10巻は限定版が用意されている。 「YES NO(?)枕」が[32cm×32cmのクッション型]枕として付いてくる。思い切った限定版に少し驚いているが良いのではないだろうか。

続きを読む

「閃光のハサウェイ」劇場版三部作が制作決定

ごきげんよう。 閃光のハサウェイ 機動戦士ガンダム「閃光のハサウェイ」劇場版三部作が制作決定! 「閃光のハサウェイ」は、ガンダムの生みの親である富野由悠季が、1989年に書き下ろした小説。アムロ・レイとシャア・アズナブルの激突を描いた映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988)の後の世界を舞台に、アムロの戦友ブライト・ノアの息子であるハサウェイ・ノアの戦いを描く。 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイが発表された1989年から29年。ガンダムシーズでアニメ化されてこなかった原作として常に名前が挙がっていたが、遂に劇場版三部作として日の目を見ることなった。 アムロ・レイとシャア・アズナブル以後のガンダム 閃光のハサウェイを一言でいえば、アムロ・レイとシャア・アズナブル以後のガンダムと言える。彼ら二人の戦いを間近に感じたはずのハサウェイの活躍をどう評価するかは意見が分かれるだろう。アムロとシャアを足したと見るか、アムロにもシャアにも成り切れないと見るか、アムロでもシャアでもないと見るか。だが閃光という表現は適切であるとは思う。映像化された作品を観るのが今から楽しみだ。

続きを読む

2つの分野に強いのは大きな可能性

ごきげんよう。 プリキュアランナー 今年も速すぎるプリキュアランナー 神戸マラソン 神戸マラソン名物「プリキュアランナー」が2年ぶりに帰ってきた。 途中までは女子の優勝者にも先行し、2時間43分11秒の87位でフィニッシュ。仮装を禁止された昨年は、自転車競技がテーマの漫画「弱虫ペダル」のサイクルウエア姿で「おとなしく」走ったが、やはりプリキュアを楽しみにしてくれている人たちの期待に応えたかった。 一つのことを高めることでさえも難しいのに、二つのことを同時に成し遂げるのはすごいことだと思う。素直な称賛を送りたい。マラソンとコスプレの二つで期待に応えたことは素晴らしいことだ。 ガルパンおじさん “ガルパンおじさん”蝶野正洋が語る「ガルパン」愛 「映像のクオリティや再現度の細かさ。ファンはそれを受け止める 「この年になって可愛いアイドルはピンと来なかったんだけど、映像のクオリティの高さや街の再現度の細かさ。スタッフの人たちが戦車や映像、音響、声優さんに関して、そこまで気をかけなくてもいいんじゃないのというところまで気をかける。そういう細かいところをファンの人たちは受け止める。作っている側の(努力)を感じとっている。そこらへんのやりとりが、ファンの広がりに繋がっていると思う」と魅力を語った。 方向性は違うが、プロが別の趣味への愛を語るのは、プリキュアランナーに通じるところがある。一つの分野で功績を出している知名度の高い人物が、別の分野について熱く語るのはインパクトがあることだ…

続きを読む

アニメ「宝石の国」全12話を一気に観た

© 2017 市川春子・講談社/「宝石の国」製作委員会 「宝石の国」公式サイトより引用 ごきげんよう。 宝石の国 宝石の国を観た。 今回はニコニコ動画の一挙放送で1話から12話まで一気に見た。 なお、Kindle版の宝石の国1巻と2巻は今なら無料なので読んでみると良いと思う。 なお、ネタバレはある程度はしないわけにはいかないので、未見の人はご注意を。 TVアニメ『宝石の国』ティザーPV まずはPVを観ておくと良いかもしれない。 1. フォスフォフィライト フォスフォフィライトの判りやすい紹介。口だけで役に立たない落ちこぼれだが、天真爛漫で自分のかわいいさを確認するような妙に憎めない末っ子。能天気で深刻な悩みや悲壮感も無いが、任せられる仕事も無い日々。戦闘職に憧れるフォスフォフィライトに先生から与えられた仕事は「博物誌編纂」だった。それでも情報を得るためシンシャを訪ねるが・・・ 第一話のフォスフォフィライトとシンシャをよく覚えておきたい。 2. ダイヤモンド 先生から与えらえた仕事「博物誌編纂」の参考になりそうな話を聞いて回り、ダイヤモンドが変わった戦い方をしているという話を聞くフォスフォフィライト。話を聞きに行くと彼らの敵である「月人」が現れ戦闘になるが・・・ 月人の姿と月人との戦闘の衝撃を素直に受け止めておきたい。 3. メタモルフォス 巨大カタツムリが月人によって落され、フォスフォフィライトが吸収されてしまう。巨大カタツムリを無力…

続きを読む

瓢箪から駒な事例で知識が増える喜び

ごきげんよう。 瓢箪から駒 「涼宮ハルヒの憂鬱」のおかげで25年解けなかった数学の難問が解決されるかもしれない 海外の掲示板「4chan」での議論が、数学者を25年以上悩ませてきた「The Minimal Superpermutation Problem(最小超置換問題)」という難問を解決するかもしれないと、世界中の数学者から大きな関心を集めています。解決の糸口となったのは、テレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」のエピソードの視聴順についてでした。 こういった瓢箪から駒が出るような話は大好きだ。世の中にあふれる様々な作品や物語が、ふとした切欠で別の問題の役に立つのは非常に面白い。類似する事例としては、日本のSF作家がウラシマ効果という一言で相対性理論が予言する現象を端的に表現するに至ったことなども面白い。 最小超置換 「最小超置換」とは、全ての組み合わせを内包した文字列のこと。 この問題が論文で提起されたのは1993年のことでしたが、25年以上かけてこの問題が解決されることはありませんでした。しかし、4chanの数学フォーラムで、nを14とするハルヒ問題の解法をきっかけに証明が投稿され、論文という形式ではないものの、最小超置換問題の解決の糸口となるのではと世界中の数学者から注目を集めてました。 ここでは最小超置換問題の解決の糸口としてハルヒ問題が注目されたという視点だが、逆に見るとハルヒ問題のおかけで最小超置換問題という数学の世界での難問を知る機会を得たともいえる。関心の範囲…

続きを読む

アニメ「オーバーロードⅢ 第13話」感想評価解説

(TVアニメ「オーバーロードⅢ」オフィシャルサイトより引用:画像) © 丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード3製作委員会 ごきげんよう。 アニメ「オーバーロードⅢ 第13話」を観た オーバーロードⅢ 第13話「PVP」を観た。 喝采を!完全なる王が世界を導く時が来た。アインズ・ウール・ゴウン魔導国が建国される第13話 第13話予告「PVP」《スペシャルver.》は集大成といえる出来なので、ぜひ見て欲しい。 ガゼフとアインズ・ウール・ゴウンの邂逅 元気であることを寿ぎながら、ジョークを交える余裕を見せる両者の語らいは感慨深い。 本題であるガゼフの部下への勧誘は、アインズからすれば受け入れられるとの見込み有りと見て友好的に持ちかけたものだ。カルネ村を救うために簡単に命を掛けたガゼフを知っているからこその、黒い仔山羊の停止との引き換え条件での提案だったが、一蹴されてしまう。ガゼフを殺すつもりのなかったアインズからしてみれば一騎打ちの申し出も想定外で、意表と付かれっぱなしともいえる。 ガゼフとアインズ・ウール・ゴウンのPVPまでの語らい ガゼフを諫める発言と確認を何度も行うアインズ。レアコレクターとして残念がるアインズが人ではないことをここでも感じる。一方でブレインがガゼフと一緒に死にたがるがそれも一蹴するガゼフ。ブレインの戦場での超然とした態度は、いよいよとなればガゼフと一緒に死ぬ覚悟から出たものだろう。アインズからすれば一人も二人も大して変わ…

続きを読む


人気ブログランキングへ