中国メーカースマホ、出荷時点でマルウェア感染

virus_ransomware_smartphone.png
ごきげんよう。

中国メーカーの超低価格スマホが出荷された時点でマルウェアに感染していたことが判明

中国メーカーの超低価格スマホが出荷された時点でマルウェアに感染していたことが判明
低価格帯スマートフォンで高いシェアを誇るメーカーに、中国の「Tecno」があります。Tecno製スマートフォンはアフリカを中心とする発展途上国で人気ですが、新たな調査でTecno製の超低価格スマートフォンに「出荷時点でマルウェアが組み込まれていた」ことが判明しました。

昨日、中国の税務ソフトウエアがスパイウェア「ゴールデン・スパイ(Golden Spy)」を自動的にダウンロードすることについて、ドイツのセキュリティ部門も警告する事態となったことを取り上げたが、翌日には中国メーカーのスマホが出荷された時点でマルウェアに感染との記事だ。安いことには理由があり、その理由が明らかになったということだろう。

スマートフォンにマルウェアがプリインストールされている

スマートフォンにマルウェアがプリインストールされていることが発覚したケースは、以前から指摘されてきました。2018年にはHuawei、Xiaomi、Oppo、Samsungなどの合計500万台に上るスマートフォンが、マルウェアがプリインストールされた状態で出荷されたと報じられています。

過去の事例を踏まえれば、ここで報じられた企業のスマートフォンは信用できない。性能や価格ではなく、安全性という意味で選択肢から外すべきだ。


この記事へのコメント


人気ブログランキングへ