インターネット回線の話

publicdomainq-0030249seo.jpg
ごきげんよう。

『インターネット完備』の思わぬ罠?マンションの回線でNetflixやYouTubeのみならずオンライン授業やSkypeまで禁止されてしまった話



これは酷い。そもそも無線LANもWifiも、動画やボイスチャットの利用などは一般的なネットの使い方に含まれる。それを違反行為とすることには何の根拠もないので、完全に業者側の言い訳だ。

某携帯大手の回線の話

口頭で「700Mbpsから800Mbpsくらいの速度が出ます」との説明を受けて某携帯大手の光回線の契約をしたことがある。実際に計測したら10Mbps程度の速度しか出なかったため、188で消費生活センターに相談をして速攻でクーリングオフをする羽目になった。結局別の某携帯大手の回線にしたが、こちらは快適で700Mbpsから800Mbpsくらいの速度が実際に出ている。
2020-05-14_212201.png
なお最初にNURO光を導入しようとしたが、諸事情でダメだった。

なぜ遅くなるのか

同じ回線を分岐して多数で利用させているからデータ量が多くなると利用者全員が遅くなる。本来は設備投資をして回線を太くする必要があるが、それを行わずに利用者に違反行為を勝手に設けて利用量を抑制させて誤魔化そうとしているのが上記の張り紙というわけだ。利用者に不便を押し付けるやつの典型だろう。

結局は自前での契約か

遅い回線を回避するには結局は自前で契約すること以外に無い。遅い回線に当たったらクーリングオフをすることができるし、選択肢はそれなりにある。評判が悪い所は大体遅いと思っていい。被害者の声は良く聞くべきだ。これを怠ったので、クーリングオフをする羽目になったと思っている。事前に調べることをおすすめする。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ