ボードゲームアリーナを音声チャット有りプレイ2

2020-05-03_204815.png
ごきげんよう。

Board Game Arena(ボードゲームアリーナ)

今日も引き続きBoard Game Arena(ボードゲームアリーナ)をプレイした。音声チャットはも引き続きDiscordを使用した。3人で適度に休憩を花見ながら6時間ほどプレイした。

エルフェンランド

エルフェンランドを初プレイ。3人ということもあり、お互いがいきたい所へ行けるように配置できる感じで利害がかち合うことが少なかった。意図的な妨害である障害物は一回だけしか使用できないので基本的には行きたい所へ早く輸送手段を設置していく早い者勝ちのレース。相手の輸送手段を利用できるとかなり有利になるが、さすがに意図して誘導などは出来ない。勝利もできたので良しとしよう。

カーソンシティの動物園の黙示録

カーソンシティの動物園の黙示録を軽いゲームと言う事で再びプレイ。2回プレイした1回勝利したので大体満足。初手手番がおそらく強いが、それよりも初期配置とゾンビ化が運要素でかなり勝敗が左右される。最強ユニットの6は下手に動かしたくなくなる。

Seasons

Seasonsを再度プレイした。今回はルールを把握してのプレイなので、戸惑いはなかった。個人的には有用なコンボを決めたりもしたが、さらに有用なコンボの前に惨敗。上手くかみ合うとスコアが吹っ飛ぶことが証明された形となった。カード運に左右されやすいことがよく解かった。

Nile

Nileを初プレイ。初見ではルールを読んでみても良く理解できずに何となくでプレイしていたが、勝利条件を見逃す失態で全員ゼロ点ドロー終了。勝利点計算は5つの作物の収穫数で最も少ないものが点数となるので、5つの作物を万遍なく収穫する必要があるという難易度の高いプレイが要求される。2度目のプレイでそれぞれ1点2点3点をあげることができた。なお3点あげて勝利したが、これは上手くいった例だと思う。

K2

K2を初プレイ。登山ゲーム。二人の登山家を駒としてK2登頂を目指す。体力に当たる順応度の減少が山頂に近づくにつれ大きくなるうえ、天候によっても減るので割と簡単に登山家が死ぬ。初回プレイでは麓に意味のないテントを建てるも、山頂まで辿り着き一人も死なずに終わらせたので勝利できた。ただ4人以上でプレイするのはなかなか骨の折れそうなゲームだった。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ