国や県が自粛要請する「K-1」開催

publicdomainq-0042763zug.jpg
ごきげんよう。

国や県が自粛要請するもさいたまスーパーアリーナで「K-1」開催、6500人の観客が集まり物議!埼玉県知事も「残念」とコメント!

国や県が自粛要請するもさいたまスーパーアリーナで「K-1」開催、6500人の観客が集まり物議!埼玉県知事も「残念」とコメント!
政府は大規模なイベントの自粛を要請していますが、2020年3月22日、さいたまスーパーアリーナで「K-1 WORLDGP」が開催され物議を醸しています。イベントには6500人が集まったということ。

新型コロナウイルスの拡散拡大を防ぐ意味では中止が穏当だと言う事は理解できる。出来ることなら中止すべきだ。ただ、国や県は自粛要請をするだけで補償をするわけではないのは大きな問題だろう。

埼玉県知事「残念」とコメント

埼玉県の大野元裕知事は「多くの人が集まるイベントは自粛が適当と考え、お願いしてきた。今後、無症状感染者が出る可能性もないわけではないので、大変残念だ」「強制的に中止させる権限はないが、こういう形でイベントが開催されたのは残念だ。」

口だけ出して金を出さないにも拘らず、大変残念だなどというのは傲慢だろう。口を出すなら補償という形で金を出さなければ筋が通らない。

「自粛要請」であり「禁止」補償されるわけではない

政府が出しているのはあくまで「自粛要請」であり「禁止」ではないことも混乱を招く一因となっています。また、自粛したからといって獲れるはずだった利益が補償されるわけではないので、イベント開催者は難しい判断に迫られることになっています。

補償されるわけではないので、中止で路頭に迷う位なら実施することを選ぶだろう。

期間と補償と線引き

今足りていないのは、自粛に対する期間と補償と線引きだろう。いつまで自粛するのか。どのくらい補償されるのか。自粛するイベントの規模はどの程度なのか。この辺りの基準が全く足りていない。K-1を中止できなかったことを主催者の責任だけにするのは間違っている。根拠があり、納得される基準作りがされなければ、オリンピックも含めて、イベントの開催、中止の判断を間違えることになりかねない。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ