民家の水道から赤ワイン

gahag-0110677961-1.jpg
ごきげんよう。

民家の水道から赤ワイン、醸造所の不具合で流出 イタリア

民家の水道から赤ワイン、醸造所の不具合で流出 イタリア
イタリア北部カステルベトロ町の民家約20棟で水道の蛇口やシャワーの先端部から赤ワインが約3時間流れ続ける珍事がこのほどあった。

蛇口から酒が出てくる店はあるが、民家で実際に起こってしまったのは珍事だろう。

流出量は1000リットル

地元のワイン醸造所で不具合が起き、瓶詰めを控えていた銘柄「ランブルスコ・グラスパロッサ」が町の水道管網に漏れたための騒動。流出量は1000リットルだったという。

勿体ないことだが、思いのほか少ない量で済んだと言えるかもしれない。

笑みがこぼれるような軽はずみな出来事

カステルベトロを含むイタリア北部は現在、欧州の中で新型肺炎の被害が最もひどい。副町長はCNNの取材に「笑うべき材料がほとんどない世相の中で、我々が笑みがこぼれるような軽はずみな出来事をもたらしたことはうれしい」とも述べた。

器の大きな発言だ。笑うべき材料といってくれるなら笑っておくべきだろう。

多くの人に感謝された

醸造所によると、瓶詰め工程の洗浄装置にあるバルブが故障したのが原因。醸造所の販売担当幹部は故障が起きたことについて「多くの人に感謝された」とも述べた。

確かに3時間だけなら迷惑よりも感謝ということになりそうだ。蛇口から赤ワインが出ることが有るとは、面白い奇跡だ。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ