日本のキャッシュレス「ペイ多すぎ!」

smartphone_app_pay_ranritsu (1).png
ごきげんよう。

中国人留学生があきれた、日本のキャッシュレス「ペイ多すぎ!」

中国人留学生があきれた、日本のキャッシュレス「ペイ多すぎ!」
全員が訴えたのが「ペイが多すぎ!」ということです。事実、日本では現在、大手と言われるものだけでも、10種類以上の「ペイ」があります。

これは日本人でも同じように思っていること。ペイ多すぎ問題。事実上4つに絞られたと言えるとはいえ、対応ペイだけみれば多すぎる状態のままだ。

財布を使うことはない

この前、横浜のBEAMS(ビームス)で可愛い財布を見つけて、友だちにプレゼントしようと思ったんですが、やめました。考えてみたら、みんなキャッシュレスなので、財布を使うことはないからです

財布はカード入れとして使っているのが主な使用用途になっている。

現金難民

たくさんのペイが生まれている日本ですが、すべての買い物ををキャッシュレス決済で終わらせるとはまだできません。中途半端にキャッシュレス決済に慣れてしまうと、いざ現金が必要な際に持ち合わせがなく困ってしまう「現金難民」になりかねません。

実際一部では現金決済のみでキャッシュレス対応をする予定がないという店舗もある。どうしても現金が必要になる場面があるため、仕方なく現金を持っている状態だ。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ