ボードゲーム海底探険の販売数が20万部を突破

IMG_20170606_143218.jpg
ごきげんよう。

ボードゲーム「海底探険」の販売数が全世界で20万部を突破。日本国内版は6.9万部

ボードゲーム「海底探険」の販売数が全世界で20万部を突破。日本国内版は6.9万部
株式会社オインクゲームズより発売中のボードゲーム「海底探険」が、世界累計で20万部を突破いたしました。
日本国内版6.9万部、海外版13.1万部を合わせた発行部数で、 2020年1月末現在、海外版は、ドイツ語、英語、フランス語、オランダ語、スペイン語、ロシア語、韓国語、中国語バージョンが発行されています。


全世界で20万部は素直にすごい。日本語、英語、ドイツ語、フランス語の説明書が入っていたので対応していると判っていたが、それ以外にも思いのほか多言語対応されていて驚いた。

「ぼくたちは勉強ができない!」コラボ

おすすめボードゲームとして既に記事にしている海底探険だが、テレビアニメ「ぼくたちは勉強ができない!」コラボしている。
テレビアニメ「ぼくたちは勉強ができない!」コラボパッケージのボードゲーム「海底探険」を12/22(日)に発売
「ぼくたちは勉強ができない!」と、作中でヒロイン2人がプレイしたボードゲーム「海底探険」が奇跡のコラボ!ヒロインたちの遊ぶ様子がデザインされたスペシャルパッケージの中には、作中で遊ばれているそのままの「海底探険」と、コマに貼って遊べるキャラクターステッカーが同梱されています。


第1回ゲームマーケット大賞も受賞している「海底探険」、まだ未プレイの人はこの機会にプレイしてみることをおすすめする。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ