サントリー『山崎55年』1本330万円(税込み)

2020-02-01_181027.png
引用元:サントリーシングルモルトウイスキー『山崎55年』|シングルモルトウイスキー山崎|サントリー

ごきげんよう。

「山崎55年」、1本300万円 64年東京五輪前から熟成

「山崎55年」、1本300万円 64年東京五輪前から熟成
「山崎55年」を100本限定で抽選販売すると発表した。前回の東京五輪が開かれた1964年以前から山崎蒸溜所(大阪府)で貯蔵している複数の原酒をブレンド。熟成期間は55年超でサントリーのウイスキーの中で最も長く、700ミリリットル入り1本330万円(税込み)と価格も最高となる。

サントリーからオリンピックにちなんだプレミアムウイスキーが出るという予測がされていたが、熟成期間は55年超の「山崎55年」が飛び出た。価格も700ミリリットル入り1本330万円(税込み)と過去最高となっている。ワンショット30ミリリットル当たりの価格に換算すると14万円を超える。一杯で14万円を超えるウイスキー。

300万円の「山崎55年」が話題のサントリー 「山崎50年」を5000円でテイスティングさせていた狙いとは

300万円の「山崎55年」が話題のサントリー 「山崎50年」を5000円でテイスティングさせていた狙いとは
山崎55年が登場するまで、サントリーの最高酒齢のウイスキーは「山崎50年」だった。700ミリリットルで価格は100万円。05年に50本、07年に50本、11年に150本がそれぞれ販売されている。

「山崎50年」は05年に50本、07年に50本、11年に150本で100万円。今回の「山崎55年」は数量は100本限定。次が有るかは微妙な所だろう。
現在、テイスティングカウンターで提供している酒齢の高いウイスキーは「響30年」「山崎25年」「白州25年」などがある。それぞれ数量限定だが、15ミリリットルで2900円。価格については「お客さまに体験していただくためのものなので、利益を出すのが目的ではない」(広報担当者)。テイスティングカウンターでは山崎や響だけでなく、蒸溜所ならではの構成原酒など約30種類を提供している。

蒸溜所に行きたくなる施設だ。約30種類を提供となれば、テイスティングカウンターで悩むことになりそうだ。

サントリーシングルモルトウイスキー『山崎55年』|シングルモルトウイスキー山崎|サントリー

サントリーシングルモルトウイスキー『山崎55年』|シングルモルトウイスキー山崎|サントリー
応募期間は、2020年2月5日(水)9:00AM~2020年2月14日(金)8:59AMです。・先着ではなく、抽選となります。

先着順ではなく、抽選とのことだが競争倍率が凄いことになりそうだ。
・商品のお届け先は日本国内のみとさせていただきます。
・商品にお客様の氏名(ローマ字表記のみ)が印字されます。また、社名・店名等の印字はできかねます。
・2020年2月下旬より順次、ご応募の際に入力いただいたご住所に当選通知および氏名の印字内容確認書を郵送にてご連絡いたします。
・当選の権利を転売することは固くお断りいたします。転売を発見した場合、当選を無効とさせていただきます。
・商品の転売・小売販売を目的としたご購入は固くお断りいたします。

「商品にお客様の氏名(ローマ字表記のみ)が印字されます」というのは転売対策ということだろうか。それでも最終的にはオークションに出されてしまうと思う。しかも高値が付きそうだ。

通常ラインナップの山崎を買いたいが売ってない

通常ラインナップの山崎は好きなのだが、そもそも売ってるところが見つからない。オークションではこれでもかとプレミア価格でサッパリ諦める次第となる。原酒不足と需要の拡大で供給が全く追いついていない現状を責めることはできないが、何とかならないものかと思う。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ