Windows 7 のサポートが本日で終了

bfc0b33970ff3dcbfc22307e3da3007c-1024x284.png
ごきげんよう。

Windows 7 のサポートを本日で終了致します

Windows 7 のサポートを本日で終了致します
日本マイクロソフトは、本日 2020 年 1 月 14 日 ( 火 ) に Windows 7 のサポートを終了させていただきます。サポート終了後はセキュリティ更新プログラムの提供を含むすべてのサービスの提供が終了となります。

Windows 7のサポートが本日で終了となった。以前からアナウンスされていたことなので、驚くことではないが、対応できていない人であれば今後はサポート無しという事実が突き付けられる人なっただろう。とはいえ、リリースから11年も無償サポート続けたことは称賛されるべきかもしれない。

サポート終了をご案内する全画面での通知が表示

Windows 7 のサポート終了後、1 月 15 日 ( 水 ) より、Windows 7 を使われているお客様のデスクトップ画面に、サポート終了をご案内する全画面での通知が表示されるようになります

知らなかったは許さないという姿勢は良い。サポートが切れたOSは危険であることをアナウンスするのは義務であり、同時にアップグレードを促す営業でもあるだろう。
Windows 7 PC is out of supportの前に選択を、で既に選択肢については触れているが、未だにWindows 7の人がいるなら、Windows 7を使い続ける選択肢は取らないで欲しい。

Windows 7を振り返る

メモリが少ないと動作が安定しないことや、容量を思いのほか食う事など、ハードウェアスペックで困ることがあっても、OS由来で困ると言う事が少なかったという印象だ。また64ビット版が登場したことも印象深い。

日経Linux 2020年 1 月号

日経Linux 2020年 1 月号 がWindows 7パソコンをLinuxで復活させ、環境を引っ越す手順を大特集している。

Windows 7はWindows 10にアップグレードするのが一番確実だが、他の選択肢があることも忘れないで欲しい。


この記事へのコメント


人気ブログランキングへ