おすすめボードゲーム「シブヤストラグル」プレイ

IMG_20191222_115402.jpg
ごきげんよう。


シブヤストラグルとは


シブヤストラグルとはディライトワークス株式会社が制作した新作ボードゲーム。ディライトワークス株式会社はFate/Grand OrderやFateのボードゲームを取り扱ってもいる。シブヤストラグルはパラレルワールドのシブヤでギャングになって抗争(ストラグル)で頂点を目指すゲーム。既にシブヤに君臨しているキングを倒すのが目的だ。


シブヤストラグルのプレイガイド


詳細についてはネットに説明書があるので、そちらを読むと良いだろう。一読すれば大体のことは把握できるので、裏表紙のゲームのサマリーはなかなか便利だ。
IMG_20191222_115428.jpg
簡単にまとめる。
ラウンド開始処理→配置→戦闘→悪事→挑戦→ラウンド終了処理
これを繰り返す。挑戦で四天王を全員撃破するとKINGが登場、残り1巡の最終決戦での挑戦でKINGに勝てれば勝利。

初期配置図のイメージ


IMG_20191222_115806.jpg
マップタイルが9つ並べられる。中央のスクランブル交差点は非戦地域でそれ以外は抗争(ストラグル)で戦闘が発生する。
IMG_20191222_115956.jpg
IMG_20191222_115933.jpg
マップタイル上部には四天王カードが並べられる。
IMG_20191222_120056.jpg
IMG_20191222_120102.jpg
正直な所、四天王は戦闘も発生せず、条件を満たすだけで獲得できるという形なので、アイテム扱いだ。

最終局面


四天王が全て獲得されていなくなると、マップタイルの中央のスクランブル交差点はKINGタイルに換わる。
IMG_20191222_120239.jpg
そうなれば、後は如何に早くすべてのリソースをぶち込んでKINGを倒すかで勝敗が決する。なお、だれもKINGに勝てなければ全員敗北だ。

初見3人プレイ


初見で3人でプレイした。結果から言うと構成員を3人以上置くと構成員を増やせるマップタイル「クラブ」に通いとおしたプレイヤーが勝利した。他にも構成員を増やせるマップタイルはあるのだが、コストとして5コインがかかる(初期所持は5コイン)ため、増やし続けるのはコインを稼ぐ必要に駆られる。このため、初期の構成員数3からマックスの6までクラブ通いを続け、四天王の内二人を獲得して即KINGに挑んで撃破となった。残り二人は構成員を増やせるマップタイルの取り合いで戦闘を全力で行って勝手に疲弊することになった。戦闘は抗争カードの内容しだいで行うかどうか慎重に判断するべきだ。勝利時、敗北時に効果を発揮するものもあるので、勝敗予想もしながらになる。3人でも多少戦闘は起きたが、4人のほうが戦闘や駆け引きも多くなり楽しくなりそうだ。

おすすめ


シブヤストラグルはおすすめのボードゲームだが、3人か4人でプレイしたいゲームだ。ダイスを振るゲームなので、ゲーム付属のダイスではなく、思い入れのある専用ダイスを用意すると、なお良いと思う。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ