英BBCの受信料問題。テレビは必要のない時代

publicdomainq-0004762cst.jpg
ごきげんよう。

注目される英BBCの受信料問題 廃止ならNHK改革にも大きく影響

注目される英BBCの受信料問題 廃止ならNHK改革にも大きく影響
英国の総選挙で保守党が圧勝したことを受け、党首のジョンソン首相が掲げた欧州連合(EU)からの離脱のみならず、公共放送BBCの受信料廃止発言の行方が注目される。廃止ならBBCをモデルとしてきたNHKも影響不可避となるが…。

公共放送BBCの受信料廃止は注目の案件だ。少なくともジョンソン首相の保守党が圧勝した現在、公共放送BBCの受信料制度の廃止の検討は、次の段階に進むとみるべきだろう。

視聴する分だけを支払う課金制が望ましい

ジョンソン首相は受信料の支払いは事実上、税金になっているとして、視聴する分だけを支払う課金制が望ましいとの考えを示した。

至極当たり前の考えだが、現在はそうなっていないことが問題だ。税金と同様になっているのは納得がいかない人も当然多いだろう。視聴する分だけを支払う課金制なら、納得ずくで問題も無くなるはずだ。

テレビは必要のない時代

今後、テレビは必要のない時代にもなろうとしている。ジョンソン首相がブレグジットとともにBBCの受信料撤廃に踏み切れば、日本のNHK改革にも大きな一石を投じることになる。

既にテレビは必要のない時代であると思うが、テレビが必要な世代も未だいることを考えれば、「今後」と言う事になるだろう。基本的にはNHKも視聴する分だけを支払う課金制にするべきだ。
NHKから国民を守る党が、NHKのスクランブル化を訴えた。NHKを見たい人だけが受信料を払うシステムに変えるべきとの訴えで、国政政党となった。

既に国民の民意が国政政党と言う形で表出するまでになっている。他のことは兎も角、NHKのスクランブル化に関しては支持する。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ