必要に駆られてサクラチェッカーを入れる

2019-12-03_183710.png
引用元:サクラチェッカー | やらせ・サクラレビューを見抜けるレビューチェックシステム

ごきげんよう。

「レビュー消してくれたら2倍返金するよ」 Amazonで低評価レビューを書いたらとんでもないメールが来た

「レビュー消してくれたら2倍返金するよ」 Amazonで低評価レビューを書いたらとんでもないメールが来た―― 投稿者に経緯を聞いた
Amazon.co.jpで買った中国製品が不良品だったので低評価を付けたら、「レビュー消してくれたら2倍の金額で返金するよ」と連絡が来た――。ある販売業者の依頼を紹介したツイートが、大きな反響を呼んでいます。

以前から言われていたサクラ行為。自商品の高評価サクラが主な手段だったが、低評価レビューの取り消し買収依頼という手段も取っているようだ。初期不良の迅速な交換など、アフターサービスの充実での低評価の回避なら健全だろうが、買収は見下げ果てた行為だ。

Amazonのやらせレビューと戦う「サクラチェッカー」はなぜ生まれたか 開発者に聞く背景やサクラレビューの見分け方

Amazonのやらせレビューと戦う「サクラチェッカー」はなぜ生まれたか 開発者に聞く背景やサクラレビューの見分け方
サクラレビューを見抜くサービスとして「サクラチェッカー(https://sakura-checker.jp/)」が注目を集めています。

ということで、サクラチェッカーを入れた。早速Amazonで季節家電の電気ファンヒーターで「注目のお買い得商品」に最初に出てくるものをチェックしてみると見事にサクラ判定。
2019-12-03_182345.png
2019-12-03_182327.png
なお、Amazonの評価は以下の通り。
2019-12-03_182641.png

サクラチェッカーでNintendo Switch 本体を確認

サクラが必要ないものについて、サクラチェッカーを使用したらどうなるのか。
Nintendo Switch 本体で試してみた。

2019-12-03_183344.png
サクラ判定は出ない。

タイムセールにも注意

アマゾンでは割引がされるタイムセールが常時行われているが、ここでもサクラチェックを実行してみると「危険」判定が出たものがあった。本来はAmazonが何らかの対応をすべきなのだが、残念ながら自衛する必要がある。仕方がないのでサクラチェッカーをおすすめする。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ