「ドラえもん」50周年を記念した「0巻」発売

doraemon0.png
引用元:2019年11月26日のヘッドラインニュース - GIGAZINE

ごきげんよう。

「ドラえもん」50周年を記念した「0巻」が2019年11月27日(水)発売

ドラえもん 0巻
誕生50周年にちなみ、全6種類の「ドラえもん」第1話を初出バージョン&完全カラーで収録。しめ切りギリギリになってもタイトルも主人公も決まっていなかったという伝説の予告や、作者自身による創作秘話まんが「ドラえもん誕生」も新書判コミックス初収録!貴重な写真と資料でおくる巻末解説も充実!

ドラえもんが50周年という事実。そしてその記念に出るのが「0巻」というのは面白い。全6種類の「ドラえもん」第1話と「ドラえもん誕生」は興味深い。

大長編「ドラえもん」

大長編「ドラえもん」は劇場用のドラえもんだ。
長編アニメ映画の原作として1980年(昭和55年)より毎年1編が執筆された『ドラえもん』の長編作品で、映画公開に先行して『月刊コロコロコミック』で連載された。1996年(平成8年)の藤子Fの死後も藤子・F・不二雄プロが2004年(平成16年)まで続編を制作し、単行本も続巻として発行された。ただし藤子プロ制作の巻は「まんが版▷映画シリーズ」として、藤子F本人が執筆した巻とは区別されている。オリジナルの単行本は藤子Fが執筆した17巻に「まんが版▷映画シリーズ」7巻を合わせた全24巻が〈てんとう虫(コロコロ)コミックス〉[注 2]より発行されている。

思い入れのある作品もあるが、藤子プロによる「まんが版▷映画シリーズ」は見たことが無い。センスのある宣伝用ポスターなどで知ってはいるが、観る機会は作らなかった。今回は良い機会ではあるのだが、アマゾンプライム等では現在見ることが出来ない。自分の環境で見れるようになれば観てみようかと思う。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ