ファフニル(fafnir)をプレイした

IMG_20191124_192309.jpg
ごきげんよう。

ファフニル(fafnir)をプレイした

オインクゲームスの新作ボードゲームファフニル(fafnir)をプレイした。ファフニル(fafnir)はゲームマーケット購入した。なお、オインクゲームスの他の作品としては海底探検死ぬまでにピラミッドなどがある。

ファフニル(fafnir)とは

ファフニルと名付けられたそのニワトリは、1日に2個ずつ宝石を産む。もっとたくさん産むこともある。ファフニルを受け継いだ兄弟たちは「よりたくさん手持ちの宝石を捨てた者」がその日、産みたての宝石を手にすることにした。宝石の価値は皆が持っている数で変動する。あえて捨てることで場の雰囲気を操作し、最後に価値ある宝石をたくさん持っていることをめざす、ちょっと頭をつかう手軽な駆け引きゲーム。

競りと相場変動を最小で楽しめる手軽で軽快な駆け引きゲーム。絶妙なゲームデザインには称賛を送るほかない。説明書も読むだけでプレイできるように簡潔に書かれていて素晴らしい。ゲーム本体がコンパクトサイズであることも評価を高めている。

プレイ

3人プレイ。初プレイは手探りでやっているが、戸惑う事はなく進めらた。競りに積極的な戦法で序盤のリードを取った友人とは対照的に、競りには消極的な戦法で拮抗する。終盤ではコツを掴んだもう一人の友人が見事に相場を操り逆転勝利。手持ちから欲しい宝石と競りで得られる宝石が一致しなったことで、もう一手勝利に足りなかった。

ゲームマーケットの戦利品

IMG_20191124_175040.jpg
ゲームマーケットで友人たちと共に購入したうち7ゲームをプレイした。楽しい時間だった。ゲームマーケットに感謝。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ