歌舞伎町で明治大学生を客引きで逮捕

kyakuhiki.png
ごきげんよう。

別の店の客を横取り…歌舞伎町で明大生逮捕

別の店の客を横取り…歌舞伎町で明大生逮捕
東京・歌舞伎町で別の飲食店の客を横取りしたとして、明治大学4年生の男が逮捕された。

客引きでよくある所謂「横取り」だが、逮捕案件だったとは知らなかった。客引きは犯罪と覚えておこう。

満席、系列店で同じメニューのキーワード

「地下の店は満席です」「系列店で同じメニューが食べられます」などと説明していたが、全く違う店だったため、客が110番通報した。

覚えておきたい「横取り」ワード。このワードで客引きされたらまず、満席かどうか確認したい。次に違う店なら通報すると突きつけたいが、それを押さえて最初から相手にしないことをおすすめする。面倒は避けるものだ。

誘導先の別の店の責任は

居酒屋に客誘導容疑で明大生逮捕 新宿「満席です」と自身の店に
誘導する客引きが逮捕されたことは記事になっているが、誘導先の店については全く触れられていない。
奥居容疑者は4月ごろから働いており「店から指示されてやった」と供述しているという。

どこの店でどういった対応が取られたのか、非常に気になるところだ。

新宿での対応は条例に基づく

新宿区公共の場所における客引き行為等の防止に関する条例を改正しました。(平成28年4月1日施行 罰則規定については同年6月1日施行)
客引き行為等に対する指導・警告・勧告を行い、これに従わない場合には、公表や過料といった罰則が科されることとなります(「公表」・「過料」)。この罰則は、客引き行為等をした者とその者の使用者にも適用されます(「両罰規定」)

新宿での対応は条例戻づくようだ。客引きの両罰規定を見る限り、店側も罰則がある様だ。店側への対応次第で続報が有るかもしれない。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ