冷房と組み体操から視る無根拠な主義主張

publicdomainq-0007292gfy.jpg
ごきげんよう。

効率と快適性

市庁舎の室温25度で…残業14%減、職員の8割強「効率上がった」 姫路市が実験効果発表
冷房時の室内温度を25度に設定した7~8月、総残業時間が14・3%減少したと発表した。環境省は冷房時の室温目安を28度とし、全国の自治体も準じている。姫路市は「室温が25度から28度に上がると作業効率が6%低下する」との専門家の分析を基に、7月16日~8月31日、室温を25度にして職員の労働環境への影響を調べた。

根拠なく始まった室温目安を28度。ハッキリ言って室温目安28度は暑い。姫路市の実験は非常に有益な結果を得られた。
光熱費は前年から約7万円増えたが、残業時間減少で人件費は約4千万円削減された。清元市長は「経済効率が高いことも裏付けられた」とする。温室効果ガスの排出量も微増にとどまったという。

日本には目先の小さな節約で大きな人件費を浪費する悪癖があるが、エアコンの設定温度も根は同じだ。効率と快適性は連動しているのは明らかで、暑くて快適性の悪い環境と涼しくて快適性の良い環境でどちらが効率的かは議論の余地は無い。設定温度で効率を賄えるのなら随分と安い買い物だ。それが分かっていない環境省は早急に冷房時の室温目安を改めて欲しい。企業は環境省の言う事は無視すればいいが、一定数環境省に従う人もいるので、環境省の改定があるほうが望ましい。

安全と根性論

中止要請無視し継続、組み体操で51人けが
神戸市教育委員会は7日、今年8月末以降、運動会の組み体操の練習中に、市立小中学校30校の児童や生徒51人が負傷し、うち6人が骨折したと発表した。同市では、久元喜造市長が8月、組み体操の見合わせを市教委に要請していたが、市教委は「一体感や達成感が得られる演目だ」などとして、継続していた。市教委は「すでに練習を始めた学校もある」などと組み体操を見合わせず、自主的に中止したのも20校にとどまっていた。

根性論で安全を無視し、中止要請を無視し、結果多くのけが人を出している。その上言い訳をして責任も全く取っていない。これも日本の悪癖の一つだろう。そもそも一体感や達成感がある演目が組み体操しか無いわけがないので、言い訳にもなっていないし、すでに練習を始めた学校もあるなら、素早く中止を通達すればいい話だ。自主的に中止した学校20校は良い判断ができたことを評価されるべきだろう。逆に中止できなかった学校でけが人を出したところは批判されるべきだ。

無根拠な主義主張

数字を前にしても自前の無根拠な主義主張を取り下げずに実行するという点で、冷房時の室温目安と小学校の組み体操は根が同じであると思う。無根拠な主義主張を取り下げさせるには結果が必要となってしまっている。それは痛ましい事故であったり、輝かしい成果であったりする。本当に痛ましい事故が起こる前に、数字だけで無根拠な主義主張を撤回させることができるようにしてもらいたい。令和になっても中身は変わっていない。変えるには変えるべきもの一つ一つに実行が必要だ。冷房時の室温目安と小学校の組み体操くらいは今すぐ変えるべく実行してもらいたい。


この記事へのコメント


人気ブログランキングへ