電子たばこで米イリノイ州で死者?初の事例か?

tabako_denshi_man.png
ごきげんよう。

電子たばこで死者、初の事例か 米イリノイ州

電子たばこで死者、初の事例か 米イリノイ州
米イリノイ州の保健当局は、電子たばこを使用した成人男性がその後、重篤な呼吸器疾患にかかり死亡したと明らかにした。電子たばこによる死者が報告された最初の事案の可能性がある。全米で肺に関連した疾患の数が増えており、医師からは電子たばこと関連があるかもしれないとの見方が出ている。

電子たばこが死因に関連しているかもしれない事案が明らかになった。重篤な呼吸器疾患にかかる電子たばこをどの位前からどの位の量を喫煙していたのか興味深い所だ。

電子たばこによって引き起こされた可能性のある重篤な肺の病気を患った人の数

電子たばこによって引き起こされた可能性のある重篤な肺の病気を患った人の数は22州で193人に上るとみられている。
イリノイ州だけでも、電子たばこによるものと確認された人、あるいは関係が疑われている人の数は22人と、前週と比較して2倍となった。さらに12人が調査対象となっている。

この数が何を基準にどの程度の重篤性なのかが重要な所だが、その辺りの情報が出ていない。電子たばこへの依存性なども欲しい情報だが、こちらも出ていない。

患者の症状は、せきや息切れ、疲労、おう吐、下痢など幅広い

イリノイ州の公衆衛生部門のトップは声明で、「人々が経験している病気の深刻度は警戒すべき」と指摘。電子たばこの使用は危険な場合もあり得ると公表すべきだと述べた。 州当局によれば、患者の症状は、せきや息切れ、疲労、おう吐、下痢など幅広い。

正直、電子たばこで下痢になるのか疑問だが、どういった関連性があるのだろうか。通常の紙巻きたばこや葉巻でも下痢という症状は聞き覚えが無い。事実だとすれば電子たばこは紙巻きたばこや葉巻とは異なる症状を引き起こしているということになるのだろうか。

電子たばこは危険なのか

疾患に関係があるのかや、こうした疾患が本当に電子たばこによって引き起こされたものなのか、電子たばこに含まれる成分や化学物質が原因なのかといった点については依然として不明。

電子たばこは無害に見えるのが議論を呼ぶ点だろうが、危険なのかどうかわからないという結論になっている。電子たばこの安全性はニコチンの有無だけではないが、爆発を別とすれば、成分や化学物質が健康被害との関連性が特定できてない点で安全性が不明になるのは既定路線だろう。電子たばこもやはり自己責任で、ということになる。


この記事へのコメント


人気ブログランキングへ