AWS大規模障害からクラウドインフラ市場を考える

11612286396_cd6ae05fa9_z.jpg
ごきげんよう。

AWS障害、大部分の復旧完了 原因は「サーバの過熱」

AWS障害、大部分の復旧完了 原因は「サーバの過熱」
 8月23日午後1時ごろに発生した、米Amazon Web Servicesのクラウドサービス「AWS」の東京リージョンでの障害について、同社は午後8時18分、クラウドサーバの復旧がほぼ完了したことを明らかにした。制御システムの障害により、サーバの温度が上がりすぎたことが原因だったという。

障害が7時間程度で普及できたことを喜ぶべきか、長すぎたと非難するべきか。

2018年第1四半期、クラウドインフラ市場でAWSのシェアは揺るがず33%前後 Microsoft、Googleが追撃

2018年第1四半期、クラウドインフラ市場でAWSのシェアは揺るがず33%前後 Microsoft、Googleが追撃
2018年第1四半期で、三分の一がAWSという状況だった。影響だけで考えればさらに波及するだろうことが予想される。

AWS 東京リージョンで発生した大規模障害についてまとめてみた

AWS 東京リージョンで発生した大規模障害についてまとめてみた(piyokangoの備忘録
障害は広範囲かつ深刻な影響を与えたことが見て取れる。一切仕事が出来な状態になったところもあるだろう。

AWS大規模障害について考察する

既にインフラとして大きな部分をAWSに依存する形になってしまっている現実が垣間見えた。根幹を押さえられているため、環境によっては本当に何もできない状況になってしまうという。以前はOSを押さえられていたという環境だったが、現在はそれに加えて、スマホOSとサーチエンジンとSNSとクラウドまで押さえられている。ネットの依存度はより高く、大きくなっていることを考えれば、深刻性はより深くなっていると考えるべきだろう。友人と少しばかり話をしたが、停電と同じ扱いをするべきだとの意見をもらった。それほどにライフラインとなりつつあるのが現実だ。

AWSの代替と解決案

代替も簡単ではない。他のクラウド候補は限られているし、そちらも障害と無縁と言う訳にはいかない。AWSが落ちれば仕方がないとして割り切るか、他のクラウドにするか、複数のクラウドを利用するか、色々な面で非常に高くつく自前でサーバーを立てるか。他のクラウドがAWSより優れているとか堅牢であるとかいう保証は何もない。また複数のクラウドを利用するとなると、金と時間がより掛かることになる。自前でサーバーを立てるとなれば、複数クラウドよりさらに金と時間が掛かることになる。しかも技術的にAWSに並ぶものにするのは困難だ。問題は簡単には解決しないのだ。停電のようにAWSが落ちれば仕方がないとして割り切ることを解決案とするのは現状ではありだと思う。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ