NHKの問題の根幹は時代遅れの放送法第64条

18512452688_f3cbe83755_b.jpg
ごきげんよう。

NHKの何が問題か? 「公共放送の病」と70年前の政治的遺物である放送法

NHKの何が問題か? 「公共放送の病」と70年前の政治的遺物である放送法
受信料の支払い義務は、放送法第64条「受信設備を設置した者は、協会(NHK)とその放送の受信についての契約をしなければならない」が根拠となっている。テレビを置けば強制契約となるわけだ。

そもそもの話、放送法第64条が時代遅れになっていることが問題の根幹だろう。テレビを置けば強制契約というのは、いうなれば電波の押し売りともいえる状況であり、納得のいく状態とは全く言えない。

NHKの経営はバカでもできる

「法律で契約しろとなっているからお金を徴収できる」。よく考えれば極めて珍妙なビジネスモデルである。極端な話、何の経営努力も必要なく、技術やアイデア、斬新な商品を生み出さなくても潤沢な資金が得られる仕組みだ。

放送法第64条の弊害が判りやすく言及されている。「NHKの経営はバカでもできる」と言われるのも当たり前の話だ。押し売りをビジネスと言われたくはない。

NHKの問題点

職員の高すぎる給料
職員の犯罪率
集金人の悪質行動
視聴者から要望がありながら、スクランブル放送を実施しない

NHKが増長していると判断される悪質な問題点。とくにスクランブル放送を実施しないことは、放送法第64条を盾に楽に集金したいのが透けて見える。よほど電波の押し売りの利権が大きいと言う事だろう。スクランブル放送が実現すれば集金人の悪質行動は抑制されるのは間違いないし、高すぎる給料は見直されるだろう。職員の犯罪については経営陣から変える必要があるように思える。

N国党

N国党のようにわかりやすく「NHK職員の給料はみなさんの2.5倍ですよ! 犯罪者も多いのに、そんな組織に受信料なんか払う必要ありますか!」と訴えられたら、大きく雪崩を打ってしまうのが大衆というものだ。

結果としてNHKがスクランブル放送に出来るのであれば、存在意義は大いにあるだろう。N国党を支持するかと言われると微妙なところだが、ことNHKのスクランブル放送化については大いに支持する。

NHK、3日連続で「受信料」に理解求める番組放送

NHK、3日連続で「受信料」に理解求める番組放送 N国への危機感あらわ
NHK総合で8月9日の午後8時42分から「受信料と公共放送についてご理解いただくために」と題した3分間の番組が放送された。番組では、受信料を財源とすることで、特定の利益や視聴率に左右されず、社会生活の基本となる確かな情報や防災情報などを全国に放送できる、と受信料の意義を説明。

NHKのスクランブル放送化を否定できる理由は披露されていない。問題解決どころか、問題提起すら全く着手せず、単に反感を買っただけの愚かな行為だ。このような愚かな番組を放送すること自体、NHKが理解を得られない現状を証明しているといえるだろう。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ