「あいちトリエンナーレ」で反日の政治活動

gahag-0065876224-1.jpg
ごきげんよう。

芸術祭に慰安婦問題象徴の少女像 補助金を慎重検討 官房長官

芸術祭に慰安婦問題象徴の少女像 補助金を慎重検討 官房長官
愛知県で1日開幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」には、「表現の不自由」をテーマに、慰安婦問題を象徴する少女像などが置かれたコーナーが設けられています。これについて、菅官房長官は「補助金の交付決定では事実関係を確認、精査したうえで適切に対応していきたい」と述べ、事実関係を精査し、補助金を交付するかどうか慎重に検討する考えを示しました。

あいちトリエンナーレが芸術を盾にして反日の政治活動をやらかしている。こんなことに補助金を交付するのは日本人の大半は賛同できないだろう。

少女像の展示中止要請へ 名古屋市長が愛知県知事に

少女像の展示中止要請へ 名古屋市長が愛知県知事に
名古屋市の河村たかし市長は2日、同市などで開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」を視察し、元従軍慰安婦の女性を象徴した「平和の少女像」の展示中止を、大村秀章愛知県知事に求める考えを記者団に明らかにした。

芸術祭で反日政治活動をやっているのを咎めるのは、至極真っ当な対応だ。大村秀章愛知県知事がどう対応するか注目だ。

あいちトリエンナーレ2019で少女像や昭和天皇陛下の写真を燃やす映像を展示

芸術監督の津田大介さん、あいちトリエンナーレ2019で少女像や昭和天皇陛下の写真を燃やす映像を展示してしまう
「あいちトリエンナーレ」はヘイトスピーチの発表の場になっていると言わざるを得ない。表現の自由を強調しつつも、やっていることは日本とアメリカへのヘイト撒き散らしだけだ。炎上前提の卑劣で卑怯なやり口だとも言える。芸術と表現の自由を謡いながら、SNSへの投稿を禁止すると発表している矛盾には、もはや呆れるほかない。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ