猫の甘えだけの場合とそうでない場合

gahag-0111632569-1 (2).jpg
ごきげんよう。

「にゃあにゃあ」は猫の甘えのサイン 獣医「でも過度な甘えは危険な場合も...」

「にゃあにゃあ」は猫の甘えのサイン 獣医「でも過度な甘えは危険な場合も...」



異常はなく「ただの甘えですね」は微笑ましい。ただそうでない場合もあるとなると、検査する必要はあったと言える。


猫から甘えられる

「甘えの行動も変にその時だけ強くなるのであれば、それは体調不良の可能性がある」
「口内炎や歯肉炎のような口内トラブルや体調不良でも食欲は落ちる。そのため自ら食べることができなくなり、飼い主の手からはやる気をだして食べている可能性もある」

普段と違う行動には注意が必要ということになるだろうか。甘えられてうれしいで終わってはいけない場合があるというのも覚えておこう。ただ猫から甘えられるにはどうすればいいのか知りたい。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ