ピエール瀧逮捕は痛恨でひたすらに悲しい

publicdomainq-0013260zin.jpg
ごきげんよう。

ピエール瀧逮捕

外国紙幣丸めて吸引か ピエール瀧容疑者宅で押収
コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)の自宅から、吸引時に使用したとみられる外国紙幣を押収したことが13日、関東信越厚生局麻薬取締部への取材で分かった。

長年の電気グルーヴのファンとして、ピエール瀧のファンとして痛恨の出来事だ。1ファンでも痛恨だと思うのだから、関係者は茫然自失の事態なのではないだろうか。特に電気グルーヴのパートナーである石野卓球氏については心情を測ることすらできない。

公演中止のお知らせ

電気グルーヴツアー 公演中止のお知らせ
3月15日(金)、3月16日(土)に予定しておりました電気グルーヴ30周年“ウルトラのツアー”の下記公演はピエール瀧の逮捕により中止とさせていただきます。

逮捕の時点で公演中止はわかっていたことだ。仕方のないことだ。だがハッキリと告知され現実を突きつけられるのは辛く感じる。

電気グルーヴ公式サイトコメント

ピエール瀧の逮捕について
現在、詳細な事実確認を行っておりますが、この事態を重く受け止め、多大なるご迷惑をおかけしております関係各位の皆様へ対応させていただく所存です。また、本人の処遇につきましては、捜査の進捗を見守りつつ厳正に対処してまいります。

電気グルーヴは30周年で現在ツアーの真っ最中という時期だ。そんな中でのピエール瀧の逮捕。電気グルーヴがどうなるのかはまだわからない。しかし少なくとも何の気兼ねもなく、電気グルーヴの活動を楽しく見ることは出来なくなってしまった。今はひたすらに悲しい。何故コカインに手を出したかを問う意義は無い。これからどうするのか、それだけが知りたい。


この記事へのコメント


人気ブログランキングへ