海賊版ダウンロード、全面違法の方針「スクショNG」

publicdomainq-0025858seu.jpg
ごきげんよう。

「スクショNG」どこまで?

「スクショNG」どこまで? 文化庁「二次創作スクショは今後検討。海賊版を撮ることが対象」
海賊版だと知りながらネット上からあらゆるコンテンツをダウンロードすることを全面的に違法とする方針が2月13日、文化審議会著作権分科会で承認された。
海賊版対策として今までは音楽・映像のみが対象だったが、漫画・小説・雑誌・写真・論文などすべてのコンテンツに拡大される。PC・スマートフォンの画面を画像として保存する「スクリーンショット」(以下、スクショ)も対象となる。

いよいよスクリーンショットが違法になる時代になりそうだ。

海賊版サイトの判断はユーザーに丸投げ

「海賊版サイトのコンテンツのスクリーンショットは取締対象になります。公式サイトのスクショは私的使用目的であるなら可能です」
という。「スクショ禁止」は、「海賊版のダウンロード・スクリーンショット禁止」を指しており、公式サイトなど著作権を侵害していないサイトはその限りではない。

海賊版サイトなのかどうか見分けられる人であれば問題ないかもしれないが、海賊版サイトだと判断できない人はとばっちりを受ける可能性があると言う事だ。巧妙な海賊版サイトに釣られる人は少なくない。海賊版サイトだと判らないだけで違反行為に繋がる可能性が高くなる。

二次創作

ファンアートや同人誌などの「二次創作」も、厳密には著作権法違法だが、これらのスクショを撮ることがNGかどうかについては「今後議論してまいります」とのことだった。

二次創作が全面的に禁止される可能性もあるということだ。どうなるのか注目しなければならないだろう。PrintScreenボタンが無くなる日が来ないことを祈る。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ