アマゾン書籍買い切りへ。時限再販での変化

publicdomainq-0022488fjn.jpg
ごきげんよう。

アマゾン書籍買い切りへ

アマゾン、書籍買い切りへ出版社と交渉 物流費減らす
アマゾンジャパン(東京・目黒)は出版社から仕入れる書籍や雑誌について、売れ残っても返品しない「買い切り」を始める方針だ。書籍を返品する物流費を減らす。

紙媒体の書籍は電子書籍への移行で苦戦を強いられているが、アマゾンが紙媒体についてさらに追い打ちをかけるようだ。

値引き

発売から一定期間が過ぎた本を値引きする「時限再販」も想定している。

再販売価格維持の前提である商品を出版取次に返品できる制度を捨てて、買い切りにすることによって実現する本の値引き。時限再販とはいえ、インパクトがあるだろう。書店はアマゾンが時限再販を開始した時点で書籍を返品することになるかもしれない。新発売の新書以外はアマゾンがますます利用されるようになるかもしれない。逆に言えば、書店では新書以外が売れない時代になりそうだ。


この記事へのコメント


人気ブログランキングへ