大麻はOK、二次元エロはNGのカナダの法律

gahag-0058750320-1.jpg
ごきげんよう。

カナダが大麻を合法化

カナダ 大麻を合法化 店舗には多くの人が列
カナダ政府は、しこう品としての大麻の使用や栽培を合法化しました。国として大麻を認めたのは、南米のウルグアイに次いで世界で2か国目です。

先進国としては初めてという報道もありましたが、カナダは国家で実験を率先してやってくれているようだ。大麻を国として認めてどのような影響がでるのか見守ろう。

カナダの日本大使館 注意呼びかけ

注意喚起(カナダにおける大麻(マリファナ)の合法化について)
【本文】本年6月21日に成立しました「カナダにおける大麻に関する法律」が10月17日より施行されることに伴いまして、邦人の皆様に対し以下の注意点について改めてお知らせいたします。
1.カナダでは、本年10月17日から、大麻(マリファナ)の所持・使用が合法化されます。
2.一方、日本では大麻取締法において、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象となっています。
3.この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあります。
4.在留邦人や日本人旅行客におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻に手を出さないように十分注意願います。

要するに、カナダで合法でも、日本の法律は日本国外でも処罰の対象なのでアウトと言ってる。刑法は日本国内で犯罪をした人、または海外で犯罪をした日本人に適用される原則があるので、海外で合法でも日本人には日本国内の刑法で違法ならアウトになる案件がありうるということだ。この辺りの規定は所謂、国外犯規定というものになる。
 刑法2条(すべての者の国外犯)日本国外において罪を犯したすべての者に適用する。
なんだかモヤモヤするが、極端なことを言えば、殺人OKの国が仮にあってそこで殺人をしても日本では殺人犯として捕まるということになる。

カナダの児童ポルノ規制

別の法律だが、こちらは逆に厳しい規定となっている児童ポルノ規制。
諸外国における実在しない児童を描写した漫画等のポルノに対する法規制の例
 現行法で規制対象
①18歳未満の者又はそのように描写される(depicted)者が関与する性的行為をあからさまに表現した、あるいは性的目的で18歳未満の者の性器又は肛門部を表現することが主要な特徴となっている写真、映画その他の視覚的表現物
②性的目的で18歳未満の者との性的行為を表現することがその主要な特徴となっている文章、録音物
③18歳未満の者がかかわる違法な性的行為を勧める視覚的表現物、文章又は録音物である(第1項)
児童ポルノの単純所持(第4項)、児童ポルノへの故意のアクセス(第4.1項、第4.2項)である(38)。これらの行為で正式に起訴された場合は、45日以上5年以下の自由刑が科せられる。

要するに、二次元エロ絵や文章については、単純所持やネットで閲覧してるだけで捕まるということ。大麻はOK、二次元エロはNGでバランスが保たれるのか。今後のカナダに注目だ。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ