映画「シン・ゴジラ」を観た

publicdomainq-0011562uwb.jpg

ごきげんよう。

シン・ゴジラ

シン・ゴジラを観た。面白い。
思う所が色々とあったので、感想をまとめておきたい。

災害としての巨大生物

日本に災害として巨大生物が襲来したらどうなるのか。それをフィクションでシミュレーションした映画だ。ゴジラシリーズでは怪獣同士の対決が多いが、今回はゴジラの原点回帰のテーマともいえる。目的はゴジラをなんとかすること。シンプルで良い。

安心できる有能な内閣

現実ではとてもではないが安心できない内閣の時代もあった。具体的には民主党政権時だ。首相が「私は放射能には詳しいんだ」「腹案がある(腹案は無い)トラストミー」などと言っていたら、バッドエンドまっしぐらで途中で見ていられなくなったかもしれない。一方でシン・ゴジラの内閣は有能だ。やるべきことをやり、非常時の判断を素早く行える。役に立たない御用学者との話は即座に切り上げ、変り者でも有能な人材をかき集めることが出来る。そして連携して最善となるように行動に繋げられる。

自衛隊

登場した自衛隊員は上官も末端も例外なく有能で覚悟と使命感を持っていることを感じさせる。自衛隊の武装も現実に則っており、巨大生物に対抗するならそうするだろうと思える対応を適切に行っている。またシビリアンコントロールが徹底されている描写も素晴らしい。自衛隊の描かれ方には現実味と好感が持てる。一方で巨大生物相手に無力なのは物語としては正しいのだが、切なさを感じてしまう。

ゴジラの解析

ゴジラが無双状態で打つ手なし。それでも事前に研究していた人物の成果を世界の学者を募って素早く解析していく様は、機能美的な魅力がある。説明されても理解できないパズルを天才たちが知恵を結集して解いている絵は希望を演出するものだ。未知の恐怖は既知とすることで解消されるからだ。

最終手段と最適手段

解決策として最終手段と最適手段が提示され、時間設定のある最終手段に先んじて最適手段を行うべくあらゆる努力が払われる場面には焦燥感と一体感を覚える。最終手段について、場所が東京ではなくニューヨークであっても手段は変わらないというアメリカからの言葉は断固たる意志を感じさせて良いと思う。

総評

政治や軍事に関心が高ければ高いほど、細かいところまで面白く感じる作りになってる。無能と恋愛脳が居ないので不快になったり飽きたり観るのを諦めたりすることがないのが良い。未見の人にはお勧めしたい。


この記事へのコメント


人気ブログランキングへ