シャープがスマートフォンAQUOSの新製品を発表

gahag-0048441065-1.jpg

ごきげんよう。

AQUOSの新製品「AQUOS zero」

シャープはなぜ有機ELスマホを投入するのか? “攻撃的”「AQUOS zero」の狙い
シャープがスマートフォンAQUOSの新製品「AQUOS zero」を2018年冬に投入する。最大の特徴は、シャープのスマートフォンとして初めて有機ELディスプレイを搭載したこと。
AQUOS zeroでは側面にマグネシウムを採用したことで、AQUOS R2のアルミフレームよりも約41%軽量化できた。背面にガラスや金属ではなく「アラミド繊維」という軽量な素材を採用したことも大きい。こうした工夫によって、重量を約146gに抑えることができた。これは200g超のスマホよりも50g以上軽い。シャープによると、6型以上、3000mAhを超えるバッテリーを搭載するスマホの中では世界最軽量を実現したという。
充電用のICを2つ搭載することで充電中に熱が一極集中しないようにする「パラレル充電」もzeroならではの機能だ。

軽量化と熱の分散という課題を解消している点で魅力的だ。あとの問題はバッテリーの持ちと価格だが、それについては触れられていない。参考までに、AQUOS R2の価格は一括の場合、ソフトバンクで93,120円、auで95,040円、ドコモで95,904円となっている。iPhone 8と同価格帯だ。iPhoneXSやiPhone XSmaxは安くて12万後半からなので、それ未満に抑えられれば選択肢に入るかもしれない。

AQUOSの新製品「AQUOS sense2」

「AQUOS sense2」は、累計200万台超の売れ行きを誇るシリーズの最新モデル。前モデル「AQUOS sense」から表示領域が23%拡大した。バックライトの透過率を上げたことで、AQUOS sense比で約21%の消費電力削減に成功。防水性能やおサイフケータイもサポートする。

個人的にはAQUOS sense2でも全く問題ないと思っている。こちらも価格に触れられてない。現在のAQUOS senseの価格は一括の場合、ソフトバンクが30,456円、auが32,400円、ドコモが30,456円、UQモバイルが31,212円となっている。低価格路線をどこまで徹底できるか注目だ。


この記事へのコメント


人気ブログランキングへ