アニメ「オーバーロードⅢ 第13話」感想評価解説

2018-07-11_072240.png
TVアニメ「オーバーロードⅢ」オフィシャルサイトより引用:画像
© 丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード3製作委員会

ごきげんよう。

アニメ「オーバーロードⅢ 第13話」を観た

オーバーロードⅢ 第13話「PVP」を観た。


喝采を!完全なる王が世界を導く時が来た。アインズ・ウール・ゴウン魔導国が建国される第13話
第13話予告「PVP」《スペシャルver.》は集大成といえる出来なので、ぜひ見て欲しい。

ガゼフとアインズ・ウール・ゴウンの邂逅

元気であることを寿ぎながら、ジョークを交える余裕を見せる両者の語らいは感慨深い。
本題であるガゼフの部下への勧誘は、アインズからすれば受け入れられるとの見込み有りと見て友好的に持ちかけたものだ。カルネ村を救うために簡単に命を掛けたガゼフを知っているからこその、黒い仔山羊の停止との引き換え条件での提案だったが、一蹴されてしまう。ガゼフを殺すつもりのなかったアインズからしてみれば一騎打ちの申し出も想定外で、意表と付かれっぱなしともいえる。

ガゼフとアインズ・ウール・ゴウンのPVPまでの語らい

ガゼフを諫める発言と確認を何度も行うアインズ。レアコレクターとして残念がるアインズが人ではないことをここでも感じる。一方でブレインがガゼフと一緒に死にたがるがそれも一蹴するガゼフ。ブレインの戦場での超然とした態度は、いよいよとなればガゼフと一緒に死ぬ覚悟から出たものだろう。アインズからすれば一人も二人も大して変わらないが、ガゼフからすれば自分以外に死なれるわけにはないかないので、断固として一人での一騎打ちを申し出る。直後にガゼフの剣レイザーエッジ<剃刀の刃>をみせることを要求するアインズと渡すガゼフ。剣の情報を渡せば普通は不利になるので行わない行為だが、ガゼフに迷いはない。剣の性能は金属をバターのように切り裂く、以外に相手のパッシブスキルを切り裂ける能力がある。つまりアインズの上位物理無効を切り裂き、ダメージを与えられる。文字通りアインズを殺すことが出来る剣ということわけだ。

ガゼフとアインズ・ウール・ゴウンのPVP

クライムの魔法のハンドベルで開始されたPVPは、アインズの魔法即時無詠唱時間停止が発動し、世界が止まる。時間停止中の魔法は意味をなさない。そのため、時間停止が切れた瞬間に発動するように魔法遅延・真なる死<ディレイマジック・トゥルーデス>を使用している。時間停止が切れると同時に魔法遅延・真なる死<ディレイマジック・トゥルーデス>が発動し、ガゼフは死亡した。

ガゼフの死とアインズ・ウール・ゴウンの要求

ガゼフは魔法遅延・真なる死<ディレイマジック・トゥルーデス>により、低位の蘇生魔法では蘇生できない。アインズに頼まない限りはその死は確定ということになる。アインズは端的に対応と要求を口にする。黒い仔山羊の追撃停止とエ・ランテルの割譲だ。それはこの状況であれば命令と変わらないだろう。

皇帝の絶望

魔法一つで7万人が即死。さらにそれを生贄に化け物を5匹召喚。召喚された化け物が王国軍を蹂躙。ガゼフストロノーフが一騎打ちで打ち取られる。魔法による被害の最大を3千と見積もった皇帝の絶望はいかほどか。このシーンはアニメオリジナルだ。原作10巻では胃を痛め、脱毛に苦しみ、理解されない苛立ちを見せるシーンが描写されているが、9巻での描写は無かった。帝国側の反応を入れるのは良い演出だった。

クライムとブレイン

塔での二人。ガゼフの意図をクライムがほぼ正確に理解していたのに対し、ブレインは戦う事と死ぬことに拘泥してその意図に気づいていないというのは、王国の兵士と一介の剣士の差を見事に表現していると言える。ブレインがガゼフの後を継がないのは、兵士にならず、剣士として超えることを目指すということだろう。なお、ガゼフへ貸与していた国宝の剣レイザーエッジ<剃刀の刃>は王から特別にブレインに貸与されている。

王族の苦悩

王や第二王子、第三王女ラナーの様子が描写されている。これもアニメオリジナルのシーンだ。圧倒的敗北を喫した王国を表現する方法として必要だということだろう。何の苦悩もなくエ・ランテルの割譲が行われたわけではないという説得力が少しは出たと思う。

エ・ランテル入城

ナザリック・オールド・ガーダーとデスナイトによる軍勢の先頭を行くアルベドと輿に乗るアインズ。輿は覆われていて中は余りうかがえない作りとなっていた。原作小説では渦巻くような黒い靄とその背に黒の後光がある様子が描写されているので楽しみにしていたが、残念ながらアニメでは採用されなかったようだ。パンドラズ・アクターのモモンとアルベドの茶番劇をもって、エ・ランテルの支配の楔を打ち込む様はこれまでアニメを観てきた人には色々なことが繋がったような感覚を得られるのではないだろうか。アルベドとデミウルゴスは感動と共に感じているらしい感覚を少しでも得られたなら良いと思う。

アインズ・ウール・ゴウン魔導国建国宣言

これもアニメオリジナルのシーン。しかし象徴的で感動的なシーンで原作小説にも欲しかったシーンだ。陛下ではなくアインズと呼んでくれと言っている。これについては原作13巻で「お前たちに魔導王陛下と言われる方が寂しいというもの」とシズに言っているのを先取りしたと言えなくもない。配下の心情を考えれば大いに心が動く台詞だろう。ここで言うべき台詞で、言って欲しい台詞だ。アインズ・ウール・ゴウン魔導国の建国宣言をもって第三期は終了した。

総評と今後の期待

最後まで面白かった。
原作はまだあるので、第四期も出来ないことは無い。ただ区切りが難しいだろうと思う。3巻単位で1クールだったが、10巻,11巻は兎も角、12巻,13巻は上下巻なのだ。それでも第四期は期待したい。なぜなら、第三期まで面白かったからだ。それなら魔導国の活躍もみたくなるのが当然の欲求だろう。次への期待を抱きつつ、第三期のドキドキわくわくに感謝をしたい。


この記事へのコメント


人気ブログランキングへ