規制を強める中国から流出する本物のジャーナリスト

gahag-0075181473-1.jpg

ごきげんよう。

厳しい自主規制

中国メディア、続く記者流出 厳しい自主規制に反発
当局による情報統制が厳しさを増しており、目を付けられることを恐れたメディア側が自主規制を進めていることへの不満が背景にある。海外への人材流出も相次いでおり、日本に活路を見いだそうとする記者もいる。

中国は共産党の一党独裁で、現在は事実上の習近平の独裁体制となっている。くまのプーさんすら規制するほどの統制社会にされている。その中にあっては、自主規制は防衛策として理解できなくはない。しかし、報道を志す人間であれば反発するのは当然だろう。

ネット規制

中国、強まるネット規制の行く末
中国の国営メディアが4月9日、規制当局が同社の主力アプリ「今日頭条(今日のヘッドライン)」を3週間停止させたと報じたからだ。当局は、同じく同社が運営する下品な冗談を共有するためのアプリ「内涵段子」は全面禁止にした。
当局は噂話も取り締まっている。そのため一部のポータルサイトは、有名人の情報の代わりに愛国的内容を提供するようになった。規制当局は有名人の噂話を書くライターのミニブログも閉鎖させている。映画スターの陰口を目にすれば、政治家の噂話をしても許されるとの誤解につながると心配しているのかもしれない。そうしたニュースが、習近平(シー・ジンピン)国家主席の発言に対する注目を奪うと懸念している可能性もある。

中国のネット規制といえば金盾だろう。
中国のグレート・ファイアウォール(金盾)とは|なぜVPNが必要?
中国の法律や規制に従うことに同意しない限り、海外のソーシャルメディア(Facebook、Twitter)、ユーザー生成コンテンツサイト(Youtube)、およびツール(Gmail)はブロックされている。

一言でいえば、ネットの自由を奪う壁だ。中国ではネットでも言論の自由や表現の自由は無い。

記者流出

流出した記者として名前が出来てきた、チベット問題を取り上げドイツに亡命した長平氏。
個別記事もあるので紹介したい。
中国で「言論の自由」を叫ぶ -報道規制と闘ったジャーナリスト長平氏-
「チベット問題は“超”の付く敏感な問題で、我々メディア人はこれを“高圧線”と呼ぶ。高圧線とは少数民族問題、宗教、領土、軍隊、民主のことで、チベット問題はそれら全てが含まれている」
 それでも、長氏は自らの声を自己検閲することを拒否して外へと発し、その反応が予想以上に苛烈なものであったとしても、報道の自由に対する使命を果たそうとしたのである。

これこそがジャーナリストで、これこそが報道だろう。残念ながら日本の地上波ではジャーナリストも報道も殆ど見ることができない。日本の地上波では、見せたいものだけ見せて、都合の悪いものは隠すにも拘らず、偏った内容を流す言論の自由は謳歌するという質の悪いものになっている。

まずは知ること

何はともあれ、知らなければ始まらない。チベット問題にせよ、ウイグル問題にせよ、知りません、わかりません、関係ありませんでは通らない。今日のチベットやウイグルは、明日の台湾等の近隣諸国や日本かもしれない。関係はあるのだ。本物のジャーナリストの報道に耳を傾けよう。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ