アニメ「オーバーロードⅢ 第11話」感想評価解説

2018-07-11_072240.png
TVアニメ「オーバーロードⅢ」オフィシャルサイトより引用:画像
© 丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード3製作委員会

ごきげんよう。

アニメ「オーバーロードⅢ 第11話」を観た

オーバーロードⅢ 第11話「もう一つの戦い」を観た。


カルネ村を舞台に繰り広げられる、もう一つの戦いを描く第11話

族長とンフィーレア

ゴブリンからもオーガからも村人からも族長と呼ばれるエンリは小さな苛立ちを抱えながら、ンフィーレアからも族長と呼ばれるとさすがに怒りを見せつつも仕事をしている。この辺りは小説とは多少違いアレンジがされていてよかった。エンリの腕相撲の件も面白くまとめられていて、立場が変わったことが如実になって良かったと思う。ヒロイン役がンフィーレアなのも、かわいいのも、こうなっては仕方がない。

王国軍5000とカルネ村

かつてカルネ村を襲った帝国軍を装ったスレイン王国軍の騎士は100に満たない少数だったが、王国軍は5000という数で、防壁とゴブリンやオーガの戦力を加えても10倍以上の絶望的な戦力差だ。それでも築いた防壁の門を開けず、アインズへの恩義に報いるべく死ぬことを前提に戦う事を選ぶ村人たちは勇敢といえるだろう。かつて味わった一方的な殺戮という絶望と、それから救ってもらった恩義に対する回答に、臆病も妥協もないのは好感と高揚を感じる。

リアルタイムの報告と映像を得る戦場のアインズ

小説では全く描写されなかったシーン。戦場から映像を観ながらルプスレギナからの報告を逐一受けるのは、アインズとしてみれば当然の対応で、このシーンがあることでアインズの存在感と考察が生きてくるので、わかりやすくなるこの演出の追加は英断だったと評価されるべきだ。小説ではあえて省略されていた可能性もあるが、アニメでは描いた方が絶対に良いと思う。

開かれる戦端と逃亡する女子供

正門から一転突破で全力で攻めて、相手の戦力を正面に集中させ、その間に後門から女子供を逃がすという基本的な陽動だが、相手の数が10倍以上いればすべての兵力を正面に引き寄せるのは無理な話だろう。小説においての戦闘描写は、戦力差とそれに対抗する戦術が想定する数に対して全く有効ではない机上の空論となる場合がよくあるが、このケースでは全力で攻める人員は基本的に死ぬことを前提とした陽動であるという点では有効で潔いといえる。

ゴブリン将軍の角笛

二つあった角笛。一つ目を吹いたときは、おもちゃのような音色だった。結果出てきたのは19匹のゴブリン。後門から逃げたところに現れた100程度の騎士をみて、残った二つ目をエンリは吹く。地を揺らすような重低音が響き渡る。結果は現場の人間はあっけにとられ、アインズをして大きな驚きに声を挙げることになった。

ゴブリンの軍勢

ゴブリンの軍勢5000の出現。しかもエンリ将軍に絶対の忠誠を誓う精鋭揃いで、戦闘団のような様々な兵種の混合形態で運用されている。それぞれの部隊の名乗りと共に活躍するゴブリンの軍勢には爽快感すらある。ほぼ同数である王国軍5000が文字通り蹴散らされ、王子バルブロと共に敗走したのは練度と軍団構成と指揮者の違いによるものだろう。
それを見てアインズが黙考しながら考察したのは、ゴブリン将軍の角笛の効果についてだ。19匹のゴブリンを召喚するゴミアイテムという認識が打ち破られる様を見たのだから当然だろう。使用者のスキルが条件ではないかと仮説を立てたあたりで、マーレから蕩けた称賛が入るのはいつものオーバーロードで安心した。アインズのシーンは小説では無かった描写だったが、追加して非常に良かったと思う。なお、ゴブリン将軍の角笛については小説で「3つの条件をクリアして発動する」とだけ示しているので詳細な条件は不明なままだ。

敗走後に皆殺しを告げるメイド

ルプスレギナについては、語尾に「っす」が付いたり付かなかったりするメイド程度の認識になってしまいがちだが、戦闘ではトロールを瞬殺する活躍をしており、ナーベラルからも狡猾で残忍なメイドだと称賛されている。カルネ村で見せてきた天真爛漫な所は挨拶までで、その後はレッドキャップゴブリンと共に本領を存分に発揮したことだろう。

期待が高まる次回

次回はオーバーロード全編を通じての一番のド派手な大見せ場となる。このためにアニメ化されたと言っても過言ではない。非常に楽しみだ。


この記事へのコメント


人気ブログランキングへ