ニセ科学やプロパガンダで痛恨のイタリアと東京

publicdomainq-0020306dkx.jpg

ごきげんよう。

イタリアでワクチン接種に関する政令を廃止


反ワクチン派の政党が政権をとったイタリアで今、起きていること
五つ星運動は3月のイタリア総選挙で、ワクチン接種の義務化に反対する公約を掲げて勝利し、2018年8月、ワクチン接種に関する政令を廃止する法案が可決された。
そのイタリアでは今、すでに数千人のはしか患者数がおり、政府は、はしか対策に手を焼いている。

反ワクチンというニセ科学が選挙公約になり、しかも勝利し、ワクチン接種の政令が廃止され、はしかが増えている。頭が痛くなってくるほど愚かなことがイタリアで現実に起きているようだ。

ワクチン接種を拒否するがはしかは感染させる


五つ星運動首脳の1人、パオラ・タバーナ議員は8月、子供たちが集まって互いにはしかを感染させ、免疫を高めようとする「はしかパーティー」という危険な催しを支持した。ワクチンは自閉症を引き起こすもので、国家によるワクチン接種の義務化を「無制限の大量虐殺だ」とする、誤った主張をした者までいた。

これも頭が痛くなってくるほど愚かな話だ。そもそもワクチンは免疫を作り出し、病気になりにくくするためのものなのに、はしかを意図的に感染させるのは本末転倒もいいところだ。一方でワクチン接種を大量虐殺呼ばわりするのにはあきれるほかない。

人命を犠牲にして票かせぎ


五つ星運動と同盟にとって、はしかの流行を食い止めるよりも国民の反エスタブリッシュメント(既存勢力)の感情に訴える方が重要なのだと、専門家は分析する。「彼らは反ワクチン派、そしてワクチン接種を義務付ける政令を個人の自由の侵害と考える層からの票が欲しかったのです」

ようするに愚かな人や騙されている人の票が欲しくてやっているパフォーマンスで、人命を犠牲にして地位を手に入れたと言う事だ。危険度が非常に低いにも拘らず、安全性について糾弾し票を獲得する手法は残念ながら日本でも有効で、東京で実践されている。

安全はあるが安心がない


東京では築地市場から豊洲市場への移転問題が票稼ぎのパフォーマンスに使われた。安全性に問題が無いにもかかわらず、安全はあるが安心がないといって政争の具とされた。安全宣言が出されたが、それまでに生じた損失については全く触れられていない。

何を信用するか


結局のところ、何を信用するかは自分で調べてみるしかない。反ワクチンのようなニセ科学や、安全性に問題のない市場へのプロパガンダなど、信用できないものを自分で判断できるまで調べることが重要となる。残念ながら騙されてしまう人が多いと不適切な人が選挙に受かってしまう事になる。そうなれば損害被害が発生することに繋がってしまう。イタリアも東京もこれを教訓として次に生かすほかない。

この記事へのコメント


人気ブログランキングへ