ワインを飲みながらワイナリーの四季をプレイした

009.jpg
(画像引用元:4gamer.net ワイナリーの四季外観
ごきげんよう。

ワイナリーの四季


友人とボードゲーム「ワイナリーの四季 拡張版 トスカーナ」を3人で対戦プレイした。


ワインを飲みながらワインを作ろう


今回は「ワインを飲みながらワインを作ろう」を合言葉に、事前に良く冷えたワインを準備してゲームに臨んだ。用意したのはお気に入りの北海道のワイナリー函館ワインの白ワイン「はこだてわいん 北海道100 ナイアガラ 白」個人的には甘口の「おたるナイヤガラ」も大いに好きなのだが、今回は周りの好みも考慮して北海道函館ワインを選んだ。最初はイタリアのトスカーナ産のワインを候補に挙げていたのだが、これはと思うものが無かった。

つまみもチーズや生ハムやクラッカーを用意して準備万端。つまみと一緒にワインを飲みながら、皆で意気込んでしっかりワインを作ろう、スパークリングワインをがんばって出荷しようと誓い合った。ではプレイレビューをしていこう。

理論上最速?の攻略法


誓い合った直後に見事に裏切られた。
①1ターン目に設備カード「石像」をコスト9金で建設(毎年1勝利点獲得)
②3ターン目に設備カード「ゲストハウス」をコスト3金で建設(来訪者カードを2枚捨て2勝利点獲得)
③夏の畑売買アクションのボーナス(1勝利点)
④夏のトレードアクションで2カードまたは3金を変換(1勝利点)
畑は全て売却し、ワインの木を植えるどころか、選定すらしない土地転がしの石像屋が誕生した。
前のプレイでもゲストハウスでワインの木を植えずに勝った友人がまたやらかしたわけだが、今回は理論上最短の勝利点25達成劇だったと思う。ある意味で最効率の攻略法だったかもしれない。こちらもワイン出荷をかなりがんばったが、追いすがるのがやっとで勝負にはならなかった。なお、スパークリングワインを出荷する余裕は無かった。

ローカルルールの提案


・ワイン未出荷ペナルティ。最後の得点計算でワイン未出荷のプレイヤーから勝利点を減点。
・最多ワイン出荷賞。最後の得点計算で最多ワイン出荷のプレイヤーに勝利点を加点。
・最速スパークリングワイン出荷賞。通常のワイン出荷に加えて追加で勝利点を加点。
ワイン出荷の価値が低いと感じているので、それを改善するようなルールが欲しい。最速スパークリングワイン出荷はワイナリーとして称賛すべきだろう。
石像は許す。だがゲストハウス、てめーは禁止カードだ。刑期がおわるまで娑婆には出てくるな。


この記事へのコメント


人気ブログランキングへ