ウォータフォールとアジャフォール

ごきげんよう。 期限ギリギリで低品質な物を作り上げる人のスケジュールと期限内に高品質な物を余裕を持って仕上げる人のスケジュール 期限ギリギリで低品質な物を作り上げる人のスケジュールと期限内に高品質な物を余裕を持って仕上げる人のスケジュール 所謂ウォータフォールとアジャフォールの違い。 例えば、ウォータフォールは調査分析の時間が押すと実作業の時間が短くなるという構造的な欠陥がある。アジャフォールの場合は時間が押しても時間を分散しているので、実作業の時間を確保しやすい。 最もアジャフォールにも欠点はある。スケジュールや進捗が把握しづらく、一歩間違えば期限に間に合わないということに繋がりかねない。 最初の想定を超えるか、超えないか ウォータフォールは上手く行っても最初の想定を超えないことが多い。なぜなら最初に精度の高い完成図を作成をしてから制作をスタートしているためだ。一方で、一度完成図が見えた状態で作成しているので、2度作っているような状態となり、稀に最初の想定を超えた完成度になることもある。良し悪しだが、前者が多いのは確かだ。 アジャフォールの場合は最初の想定がそもそも精度の低い完成図なので、最初の想定を超えるのが普通だ。完成図を含めて一度に作ると言えるので、ウォータフォールの最初の想定を超えた完成度まで届くかは微妙かもしれない。 設計が無ければ制作は出来ない アジャフォールでは、設計が無くとも制作できると誤解される可能性がある。設計が無い制作は、その場で思い…

続きを読む


人気ブログランキングへ