機械翻訳では出来ないクリエイティビティー

ごきげんよう。 どうぶつの森の「カブ価」をどう英訳するかと調べたら翻訳チームのクリエイティビティに感動してしまった話 どうぶつの森の「カブ価」をどう英訳するかと調べたら翻訳チームのクリエイティビティに感動してしまった話 どうぶつの森の「カブ価」におけるかけ言葉は英語に訳せないだろうと思っていたら、どうもカブはturnipと普通に訳した上で株式市場Stock marketをStalk Market(stalkは「植物の茎」の意)と訳しているようで、翻訳チームのクリエイティビティに感動してしまった。— やすい (@yas_tnk) 2020年5月12日 翻訳のプロの妙を見せられた気分。 カブはturnipと普通に訳したこと Turnipをチューリップと読み間違えたが、同じように読み間違えた人は結構いるようだ。当然チューリップバブルを連想するわけで、カブ価の訳には相応し過ぎるといえるだろう。とはいえ、チューリップは別でちゃんと植えられるので、間違えることは実際ないのだが。 機械翻訳では出来ないクリエイティビティー Google翻訳を試してみた結果。 カブ価はTurnip value、カブ式市場はTurnip marketとなった。なお、株式市場はStock marketだ。 カブ価は機械翻訳で対応できたが、カブ式市場は対応できなかったようだ。機械翻訳では出来ないクリエイティビティーというやつだろう。こういったところで手を抜かない姿勢は評価される…

続きを読む


人気ブログランキングへ