5割に満たない還元率の宝くじとお得感のある福袋

ごきげんよう。 宝くじの低迷は「当たらない」から? ナンバーズ創設の兵庫知事苦言…運営側は打開策模索 5割に満たない宝くじの還元率についても「見直しも選択肢の一つ」と強調した。 3000円出して1500円が戻ってくる。実際のところは当選確率が低いので、3000円出しても300円しか戻ってこないと考えた方がいい。誰がこんなものを買うのだろうかと考えると、低所得者向けの形の違う税金みたいなものだと思う。そもそも還元率5割未満は既に宝という文字を使って欲しくないレベルで酷い。宝くじは空くじと言われても仕方がないだろう。 ジャンボ宝くじ等の普通くじってどんな宝くじ? ジャンボ宝くじ等の普通くじってどんな宝くじ? ハッキリ言って搾取見え見えで、購買意欲を削がれる構造になっている。若者はこれに騙されないようになってきていると言う事だろう。改善は簡単で、10000円以下の低額当選金を全て無くして高額当選金だけにするだけでも効果があるだろう。少なくとも10000円以下の低額当選金を1億円350本に変えることができるといえばわかりやすいだろうか。後は還元率を8割にして当選本数自体を増やせば宝くじは飛ぶように売れるようになるだろう。利益が増えるかどうかはやってみないと判らないところだが、経済効果まで考慮すれば、やってみる価値があるだろう。 宝くじは地域貢献? 宝くじに詳しい近畿大経営学部の布施匡章教授は、宝くじ浮上の鍵は若者層への浸透だとし、「若者が関心を持つような新しい意味を宝くじに…

続きを読む


人気ブログランキングへ