シーバスリーガル ミズナラ12年を飲んだ

ごきげんよう。 シーバスリーガル ミズナラ12年とは 伝説のマスターブレンダー、コリン・スコットが、日本原産のミズナラ樽を使い、日本のためだけに生み出したシーバスリーガル。芸術的な日本の伝統文化と日本のウイスキーづくりへの賞賛を込め、厳選されたモルトウイスキーとグレーンウイスキーを日本原産の希少なミズナラ樽でマリッジして仕上げています。 シーバスリーガルの日本コラボ版と言える位置づけのウイスキー。ハッキリ言って面白いと感じる。シーバスリーガル12年の購入後に知り、是非飲んでみたいと思っていた。 シーバスリーガル ミズナラ12年 シーバスリーガル ミズナラ12年を飲んだ。「熟した西洋ナシと蜂蜜、オレンジ風味の砂糖菓子の味わい」との解説があるが、かなりの部分で同意できる解説と言える。甘口で有ることは間違いないが、蜂蜜や砂糖菓子とまでは思わない。西洋ナシとオレンジには同意する。シーバスリーガル12年とは違った甘口なので飲み比べてみて欲しい。 感想 飲みやすい甘口。好みにも合う。お湯割りを試してみたが、飲みすぎに注意が必要そうだ。実際飲み過ぎて頭が痛い思いをした。ハイボールはスッキリしていて悪くない。季節柄、お湯割りをおすすめしたいが、最初はロックが良さそうだ。

続きを読む


人気ブログランキングへ