Dominate Grail War Fate/stay nightをプレイした

ごきげんよう。 ボードゲームDominate Grail War Fate/stay nightをプレイした 先日ボードゲーム Dominate Grail War Fate/stay nightを購入したが、ようやくプレイできた。NPCが一人追加される3人でのプレイとなった。 衛宮史郎でバーサーカー 記念すべき初プレイは衛宮史郎でバーサーカーとなった。組み合わせとして相手に若干の戦果3点のペナルティを付けつつ戦果3点を得る宝具「十二の試練(ゴッド・ハンド)」とクライマックスフェイズ突入時に敗北しないことに、シナジー効果があるかどうかは微妙な所だ。ただ衛宮史郎の干将莫邪とバーサーカーの打点の高さは面白い点かもしれない。 遠坂凛でセイバー 対戦相手は遠坂凛でセイバーという原作で胸が熱くなる組み合わせ。宝石魔術がかなり使い勝手が良く、火力は約束された宝具「勝利の剣(エクスカリバー)」で叩きだすというシンプルな組み合わせ。絡め手の対魔力(たいまりょく)の“”使用したプレイヤーを除く“”同じ戦場にいる相手の魔術属性全ての基本パワーを0にする仕様は魔術属性のガンドが干渉しないので遠坂凛の味方だ。 イリアスフィールでライダー 対戦相手はイリアスフィールでライダーだった。石化の魔眼(キュベレイ)や騎英の手綱(ベルレフォーン)といった高魔力消費の宝具とマイラウンド魔力が増える点のシナジーは高そうに見えた。今回は高火力のバーサーカーとセイバーが相手なので石化の魔眼(キュベレイ)は…

続きを読む


人気ブログランキングへ