香港吉野家竹輪無罪で中国ユニクロ尖閣を思い出す

出典:清義明 @masterlow 2019-07-19 20:54:00 ごきげんよう。 香港吉野家竹輪無罪 香港デモで荒らされる現地の吉野家、店内に貼られていたのは「竹輪無罪」?→由来は日本の「忍者ハットリくん」にあった ①香港で20年以上前に『忍者ハットリくん』が大人気だった。 ②その頃、まだ香港の人は日本のことをよくわかってなかったため、『忍者ハットリくん』の獅子丸が事あるごとに食べているアレはなんだ?ということになった。 ③わからないので、それを「獅子狗(獅子丸の香港名)巻き」と呼んでいた。 もちろんそれはちくわのことである。 ④その『忍者ハットリくん』で香港の人が知った不思議な日本の食べ物「獅子狗巻き」(ちくわのこと)を、香港吉野家は日本っぽいメニューということで、鍋に入れて?名物メニューにしていた。 ⑤現在、香港では「レノンウォールと呼ばれる、ポストイットを使った抗議運動が至る所で行われている。ところが、香港の保守派(親中派)の一部がこれを事あるごとに妨害。ポストイットを剥がすアンチ民主派のゲリラ活動が行われている。 ⑥そのポストイット剥がし犯を「撕紙狗(紙を剥がす犬」と呼んで、大いに学生さんは糾弾していた。 ⑦その「撕紙狗(紙を剥がす犬」の発音は、『忍者ハットリくん』の獅子丸(獅子狗)と発音が同じであった。 ⑧それに香港吉野家のスタッフが、すかさず反応 2019-07-19 21:20:06 清義明 @masterlow ⑨吉野家スタッフ…

続きを読む


人気ブログランキングへ