不正輸出の韓国企業名を公表しない韓国政府

ごきげんよう。 韓国企業がイラン、シリアへ不正輸出 大量破壊兵器関連物資 国際管理に抵触 韓国企業がイラン、シリアへ不正輸出 大量破壊兵器関連物資 国際管理に抵触 不正輸出企業への行政処分の状況は、韓国で貿易管理を担当する産業通商資源省が作成した「戦略物資無許可輸出摘発現況」で判明した。文書には2016年1月から今年3月までの間に142件が処分対象となった事実が記載されている。 韓国に輸出規制強化、優遇措置の対象国から外すで触れたが、韓国は思っていた以上に悪質だったようだ。 韓国政府は個別の企業名を公表しない姿勢 韓国政府は不正輸出について刑事事件の対象となったかどうかや個別の企業名を公表しない姿勢を取っている。不正輸出が後を絶たない背景には、韓国の罰則や処分の運用が甘く、抑止効果を発揮できないことがあるとの指摘も出ている。 優遇措置から外すだけではダメではないだろうか、と思うほどに酷い対応だ。日本も甘い対応を取っていると言われても仕方が無い。 制裁は別途あるべきではないか 韓国から戦略物資ダダ洩れ?優遇措置撤廃で怒る韓国の「不正輸出」リスト入手 韓国向け輸出管理優遇措置撤廃の理由について経産省は「日韓間の信頼関係が著しく損なわれた」事と、「大韓民国に関連する輸出管理をめぐり不適切な事案が発生した」事の2点 今回の優遇措置の撤廃は制裁とは別の話が含まれていたとみなすべきだ。だとすれば制裁は別途、明確な形で有るべきだろう。少なくとも実害が発生したなら有効な措置を…

続きを読む


人気ブログランキングへ