シヴィライゼーション VIクロスセーブに対応

出典:シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI | News | 『シヴィライゼーション VI 嵐の訪れ 』PC版、2月14日(木)リリース発表 ごきげんよう。 シヴィライゼーション VI Nintendo SwitchとSteam間のクロスセーブに対応 『シヴィライゼーション VI』がNintendo SwitchとSteam間のクロスセーブに対応。「あと1ターン」の続きが携帯機で再開可能 『シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI』の最新アップデートにて、同作をNintendo SwitchとSteam間のクロスプラットフォーム・クラウドセーブに対応させたと発表した。クロスセーブとは、異なるハードウェア間でセーブを共有できる仕組み。 喜ばしいことではある。ただ、ターゲットとなる客層がピンポイント過ぎる気はしている。 大型DLC「文明の興亡」「嵐の訪れ」には非対応 なお、Nintendo Switch版は昨年末配信開始されたということもあり、大型DLC「文明の興亡」「嵐の訪れ」には非対応。本編をベースとしたデータのクロスセーブであることが濃厚であるので、その点も注意が必要だろう。 つまりはNintendo Switchでハマった人が大型DLCをやりたくなってSteam版を購入した際にクロスセーブが生きるということだろう。 Nintendo Switch版の大型DLCの対応 なおさら、Nintendo Switch版の大型DLCの対応が求められるようになり…

続きを読む


人気ブログランキングへ