新元号は令和。万葉集から引用

出典:ツイート(首相官邸@kantei) ごきげんよう。 新元号は令和 【SNS更新】「本日、元号を改める政令を閣議決定いたしました。新しい元号は「令和」であります。これは、万葉集にある「初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫す」との文言から引用したものであります。」全文はhttps://t.co/A0ve53CM13https://t.co/iy2LWGXsJh pic.twitter.com/1gMvnfXFRt— 首相官邸 (@kantei) 2019年4月1日 新元号が発表された。平成は4月30日までで終わり、5月1日から「令和(れいわ)」となる。 日本の古典に由来する元号は初めてのことなので、万葉集から引用されているのも注目点か。「梅花(うめのはな)の歌三十二首」からとのことなので、雑学として覚えておいても良いだろう。 新元号は令和 新元号は令和 写真特集 (1)国民の理想としてふさわしい良い意味を持つ(2)漢字2字(3)書きやすい(4)読みやすい(5)過去の元号や天皇の死後の「おくり名」(追号)として使用されていない(6)俗用されていない-という条件で原案を絞り込んだ。 この条件にすべて一致している・・・のだろう。令和元年を来月迎えることを寿ぐこととしよう。

続きを読む


人気ブログランキングへ