IBMがRed Hatを買収した後に期待したいこと

ごきげんよう。 IBMがRed Hatを買収 IBMがLinuxのRed Hatを340億ドルで買収へ ハイブリッドクラウド強化 米IBMは10月28日(現地時間)、Linuxデュストリビューター大手の米Red Hatを買収すると発表した。買収総額は約340億ドル(約3兆8038億円)で、取引は2019年下半期に完了の見込みだ。 IBMがRed Hatを買収。規模としても約340億ドル(約3兆8038億円)と非常に大きい。IBMはこれまでも多くの買収を行ってきたが、IBMにとって過去最大規模の買収になる。 Red Hatを振り返る 設立が1993年で今年で25年となる。Amazonが1994年で24年、Googleが1998年で20年、Facebookが2004年で14年なのを鑑みれば、IT企業としてはそれなりの歴史があるとはいえ、IBMは1911年で107年と老舗なので、歴史では比較にならないだろう。 Red Hatは2003年を最後にコンシューマ向けのディストリビューションの販売・サポートを中止し、Fedora Project に移譲し、企業向けの Red Hat Enterprise Linuxに軸を移している。サポートのあるLinuxといえばRed Hatが代表的だったと言える。2010年以降はクラウドソリューションなどにも注力している。 IBMの今後 この買収により、両社は「クラウドへのオープンなアプローチを提供し、複数のクラウドにわたる前例のないセキュ…

続きを読む


人気ブログランキングへ