共産主義と民主主義のどちらの国を是とするか

ごきげんよう。 衣食足りて民主主義を知る、とならなかった中国 トランプ大統領の「中韓・損切り」を邪魔するな 衣食足りて民主主義を知る、とならなかった中国 米国の数十年に及ぶ大戦略が失敗した事実がある。 ことわざに、「衣食足りて礼節を知る」がある。米国は、共産主義体制下で極貧状態を続けてきた中華人民共和国(PRC)を取り込む大戦略を立てた。米国や日本が発展を助ければ、「衣食足りて自由と民主主義を知る」になると考えた。 中華人民共和国(PRC)は最初から、「衣食足りて覇権を目指す」国だった。雌伏していた20世紀に作られた国際組織やルールを、利用はするが尊重する気はない。 中国は2010年には日本のGDPを超え、世界第二位の経済大国にまで成長している。一方で「衣食足りて自由と民主主義を知る」ことは全くなかった。「衣食足りて覇権を目指す」国だったというのは正に中国を端的に表現した文章だと思う。 名目GDP(国連統計)を観ると中国の経済的な台頭具合がよく解かる。 資料:GLOBAL NOTE 出典:国連 衣食足りて民主主義を知る台湾 台湾・蔡総統、中国への警戒あらわ 「屈服も譲歩もしない」 双十節演説 「中国の一方的な文攻武嚇と外交圧力により、台湾海峡の平和と安定は深刻な挑戦にさらされてきた」 「中華民国台湾の主権を守る」と台湾側の立場を強調した。  また、「台湾の多様性と民主主義は断固守るべき価値だ」と指摘。ネットの偽情報が中国発と指摘されていることを念…

続きを読む


人気ブログランキングへ